VERBAL(m-flo/PKCZ(R)/HONEST BOYZ(R))も参加するプロジェクト「LNoL」より、本日19時に配信アルバム『Equanimity』から、「Equanimity」のミュージックビデオが公開された。LNoLのMVは、クリスタル ケイをフィーチャーした「TAYUTAU」に続き、2作目となる。

LNoLは、兼ねてより親交のあった、武村⼋重⼦(クラシック・ピアニスト)、⼤沢伸⼀(MONDO GROSSO)、VERBAL(m-flo/PKCZ(R)/HONEST BOYZ(R))の3人による、従来のクラシック・ピアノ音楽の枠にとらわれない新たなサウンドを表現するプロジェクト。武村八重子がピアノ演奏、大沢伸一がサウンド・プロデュース、VERBALがクリエイティブ・ディレクターとそれぞれの役割を担っている。

RHYME

「Equanimity」のMVは、楽曲でポエトリーをフィーチャーされ、MVにも出演しているオーストラリア人アーティスト”RHYME”がアートディレクションを担当。「To born, comes from Union. Beyond Physical, the way to interact with Psyche. Hear, here a story of one universe’s union (生まれるということは、結合から始まり、肉体を超え、精神と対話すること。ここにひとつの宇宙の結合の物語があるのを聞いてほしい)」と語るように、約7分に及ぶコンセプチャルなアート作品に仕上がっている。

⼤沢伸⼀

武村⼋重⼦

記事タグ