Juice=Juiceが13日、東京ドームシティ・ラクーア ガーデンステージで、11thシングル「微炭酸/ポツリと/Good bye & Good luck!」発売記念イベントを開催。今年の春ツアーをもって卒業する予定だった宮崎由加は、6月17日の日本武道館公演が最後の活動になることが発表された。

 二部構成でおこなわれたこの日のイベント。各1000人のファンが詰めかけ、声援を送った。体の芯まで冷える寒空の下でまずは公開リハーサル。本番さながらのパフォーマンスで魅了した。

 一端ステージを後にしたメンバー。程なくして重厚な音を伴ったSEが響き渡る。音が鳴りやむタイミングでメンバーがはじける笑顔で登場。寒さを吹き飛ばすかのようにまずは疾走感のある「微炭酸」をパフォーマンス。

 間髪入れずに「ロマンスの途中」。ムーディーなイントロから一転、胸打つサウンド。ブラスサウンドも入り、ソロではゴリゴリのベースにファンキーなギターサウンドが華やかにさせた。

 ここでMC。自己紹介をおこなってから恒例の乾杯。それぞれのカラーのジュースには微炭酸の気泡が立っていた。金澤朋子が事前に「おしゃれでインスタ映えする」と予告していた通りの鮮やかさ。メンバーも目を輝かせ、口に含んだ。

 「微炭酸/ポツリと/Good bye & Good luck!」は8人体制では初のシングル。昨年6月に加入した稲場愛香にとっては加入後初めてのシングルで「全部良い曲。この日を迎えられて嬉しい」と笑顔。

 また、今年3月に卒業する梁川奈々美はこの日を迎えたことに「ラストではあるけれど、いつも通り笑顔で楽しめたら。シングルを出させていただくことを通して皆さんに会えるのも嬉しい」。

 ここで宮崎由加から発表。春ツアーをもって卒業する予定だった宮崎が、6月17日の日本武道館公演が最後の活動になることが発表された。宮崎は「Juice=Juiceとして初めて大きな会場を目指したのは武道館。私たちも思い入れの強い会場。その先も頑張っていきたい」と意気込んだ。

 そのままキュートな「ポツリと」、ラストは「Good bye & Good luck!」を披露して幕は閉じた。

セットリスト

01.微炭酸
02.ロマンスの途中
03.イジワルしないで 抱きしめてよ
04.ポツリと.
05.Good bye & Good luck!

記事タグ