三浦大知が、ニューバランス(NB)のブランドアンバサダーに就任。その記者会見が13日、都内でおこなわれた。

 同社のグローバルブランドプラットフォームである「Fearlessly Independent(君の強さは、君だ。)」を体現するアンバサダーに、独自性を貫き己の成長のみならず周りに影響を与える、三浦に白羽の矢が立った。

 この日、全身ニューバランスの服装で会見に出席した三浦。普段から愛用しているというNBへの想いを語った。特にインソールには強いこだわりがあるようで、なかでも良く使っているのは黄色いインソール。

 「インソールを入れるとどんな靴でもフィットしてくれて、足と靴が一体になるというか。それを入れるとパフォーマンスるときに踊りやすくて動きやすい。ライブやパフォーマンスするときのパートナー」

 また、NBについては「いままで積み上げてきたものがあるこその進化。作った最初の1足があって、地層の様に試行錯誤や工夫があって今のモデルが出来ている。NBは自分たちが作ってきたものに誇りを持ちながら、アップグレードして今に繋げている。それは素敵なこと」と語った。

 更に「変わらずに変わり続けていることが重要だと思っていて、僕もそういう活動をしていきたい」とも。

 また、壁を乗り越える方法として「切り替えが早いことが1つある。寝たら忘れるタイプ。大変なことがあっても1回寝たらリセットする。それと、これができなかったらこういう方向で、といういろいろな角度から考えることが好きなので。目の前の壁を越えなくても横の道に行ってみたり、それが性格上好きなので乗り越えてきた」と語った。

 三浦は変声期、喉を守るため5年間活動しなかった。その休止明け、ソロデビュー時を振り返り「ソロデビューして三浦大知として立ったステージで2曲歌ったと思うけど、歌を辞めてから5年経っているのに、ステージに立った時に『おかえり』とファンの皆さんが言ってくれて。それが衝撃だった。5年間僕の歌を待っててくれたんだと。それ以降は『おかえり』という言葉を思い出すと基本なんでも頑張れる。頑張った先に歌、パフォーマンスを楽しみに待ってくれている方がいると思うと何でも楽しめる」とファンの支えに感謝した。

 この日、フリップに「全てを楽しむ!!」と自身の格言を書いた三浦。

 「偉そうなことを言える立場ではないが、とにかく楽しんでほしいなと。基本思い通りにいかないことが多い。人生を生きているとこうしてみたいと思ってもうまくいかないと環境も。いろんな壁やうまくいかないことが多い。でも考え方次第。それを楽しめるか楽しめないかというのが大きい。しんどいながらもこう考えたら楽しめる、楽しめるためにこうチャレンジしたら繋がるんじゃないとか。工夫して楽しんでほしい、原動力になると思います」とエールを送った。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)