SONGS「あいみょん」が16日、NHK総合テレビで放送される。

 昨年、紅白歌合戦に初出場、今最も注目されているシンガーソングライター・あいみょん。若者を中心に支持されるのは、彼女が生み出す、聞く人の心に刺さるメロディーと独特な世界観を放つ歌詞。一体どのようにして生み出されるのか? 彼女の創作の源ともいうべき、「川崎市岡本太郎美術館」と「古書店」を訪れ、“表現者”としての、あいみょんの素顔に迫る。

 若者を中心に共感を呼び、その人気も全国的に広がり続ける、シンガーソングライター・あいみょん。夏フェスでは開演5分で入場規制がかかり、ライブはチケット即日完売、若者を中心に人気は過熱するばかりだ。

 今回は、彼女がこよなく愛する場所で、密着ロケを敢行。まずは、敬愛する岡本太郎の作品が展示されている「川崎市岡本太郎美術館」を訪ね、“表現者・あいみょん”の創作の原点に迫る。

 また、古書の街として知られる東京・神保町でも密着。本が大好きな彼女が手にするのは、アート関連の本から名言集、時には官能小説まで…。「言葉」や「歌詞」への思いに迫った。

 そして今回はあいみょんファン500人の前でスペシャルライブを披露。昨年の紅白歌合戦で披露した「マリーゴールド」、男性の視点で書かれた、あいみょんの代名詞的な一曲「君はロックを聴かない」、そして去年放送されたテレビドラマの主題歌として話題を呼んだ「今夜このまま」をお届けする。

2月16日(土)23:00~23:30(総合テレビ)
「あいみょん」

(C)NHK

(C)NHK

(C)NHK

(C)NHK

(C)NHK

記事タグ