2ラッパー&3ボーカルから成る5人組DANCE&VOCALユニットのMADKID(マッドキッド)が6日、東京・お台場ヴィーナスフォートでメジャー3枚目となるシングル「RISE」のCD発売記念イベントを開催した。この日リリースとなった「RISE」はアニメ『盾の勇者の成り上がり』のオープニング主題歌として1月9日からオンエア中。イベントでは「RISE」や「出ていってよ」など、計8曲をパフォーマンスし、訪れた300人のオーディエンスを魅了。YOU-TAはデビュー1年を振り返り「ガムシャラにやってきて良かった」と、この日集まったオーディエンスに喜びを語った。【取材=村上順一】

 開演時刻になりSEが流れる中、オーディエンスは手拍子でメンバーの登場を待ちわびる。そして、中央の扉が開き5人が登場し、「Light Up」でイベントの幕は開けた。序盤から5人の個性が際立つナンバーで盛り上げていく。

リリイベの模様

 続いて、メジャーデビュー曲「Never going back」でアグレッシブに決め、メンバーがタオルを派手に回転させるアクションが印象的な「Going around」へ。同曲のMVでも確認出来るLINの鍛えられた腹部を見せるセクシーなポーズに、オーディエンスも歓声を上げた。

 KAZUKIは集まった多くのオーディエンスを見て、「パワーアップして(ここに)戻ってこれた事が嬉しい」と、喜びを述べ、「RISE」のカップリングからオシャレなダンスポップナンバーの「Puzzle」を披露。心地よい歌声とメロディがヴィーナスフォートの教会広場に降り注いだ。そして、LINが「楽しんでいきましょう!」と、南国の風を感じさせてくれる2ndシングル「Summer Timeでは、オーディエンスもサビで同じ振り付けで楽しんでいた。

 ユーモアに満ちたMC続いて届けられたのは「Rain」。イントロでの傘をさすようなポーズが印象的で、歌と振り付けがシンクロし、雨が降っているかのような情景を歌とダンスで見事に映し出していた。そして「RISE」のカップリングに収録されている「出ていってよ」。ビートに合わせたスクエアなダンスと切ないメロディによる独特な世界観で魅了。そのパフォーマンスにオーディエンスの視線は釘付け。

リリイベの模様

 その「出ていってよ」を単独で作曲したLINは、自身で作った曲がリリースされたことに関してYOU-TAに尋ねられると、「すごく感慨深いです。意味のある事をさせてもらっている」とコメント。ここで、デイリーランキングの結果が届けられ、ドキドキのデイリーチャートの結果は8位。1年前は10位だったことから、前進したことに喜びを感じているようだった。

 YOU-TAは「1年前はこういったイベントにも友達を一生懸命に呼びました。でも、今では昨年のツアーファイナルを観にいきたいと言ってくれる人が増えました。それは僕らの評価が上がってきているということで、ガムシャラにやってきて良かった」と、この1年を振り返った。

 ラストは今回の表題曲である「RISE」を投下。ギターサウンドが印象的なMADKIDの新しい攻撃的な一面を見せたダンスロックチューン。この1年で成長した姿を存分にアピールし「これからも突き進んで行くので付いてきて下さい!」と意欲を見せ、CD発売記念イベントは終了した。

 今年5月には東名阪福の4都市でツアーを開催し、5月29日にはツアーファイナルとしてグループ最大規模となる東京・恵比寿LIQUIDROOMでのワンマンも決定しているMADKID。2年目に突入した彼らのパフォーマンスに期待が高まる。

記事タグ