2002年、dreamに新加入してからグループの一員として大きく活躍してきたDream Shizukaが、本日より配信されるシングル「かなしみから始まる物語」から本格的にソロ活動をスタートした。さらに、ソロアーティスト初となるMVも同日に解禁された。

「かなしみから始まる物語」ジャケ写

 Dream Shizukaは、2002年dream(現Dream)に新加入しデビュー。2011年よりガールズ・エンタテインメント・プロジェクト『E-girls』では中心メンバーとして活動。2017年7月にはE-girlsが『E.G.family』という新たなガールズ・エンタテインメント・プロジェクトへ進化してから、E.G.familyの一員としてDANCE EARTH PARTYの活動を専念してきた。そして2019年、ソロアーティストとして新たな一歩を踏み出していく――。

 ソロデビューとなった本作は、これまでグループとして活動してきた中で本人が、“いつか歌いたい”と願っていた楽曲。Dream Shizukaとしてこれから伝えていきたい“笑顔”や、応援してくださっている皆さんと楽しんでいきたいという想いがこの楽曲には詰まっている。

 今回解禁となったMV撮影は、壮大な自然を背景に、歌詞に沿った悲しみや葛藤したShizukaの表情など、楽曲の持つ雄大さと切なさを美しい自然の映像で表現した映像となっている。広大な自然に向かって歩いているシーンは、Shizukaがソロとしてアーティスト活動をしていく覚悟が映像から感じられる。

◎Dream Shizukaコメント

――今回解禁されたMVの見どころを教えてください

 楽曲の世界観と歌詞に込めた思いをしっかりと伝えられるように、シンプルに表情と心情で表しています。今まで歩いてきた道の先に見つけた、これから届けていきたい様々な未来を楽曲が進むにつれて変化していく表情から感じてもらえたら嬉しいです。

――「かなしみから始まる物語」には、どんな想いを込めて作りましたか?

 これからソロとして進んでいく時に、今まで見せてこなかった不器用な部分や、格好悪い部分など、全てをさらけ出していきたいという思いがあったので、今回この楽曲を作らせて頂きました。ずっと温めていたこの大好きな楽曲には、今までの嬉しさや悔しさなどの素直な思い、いつも支えてくださっている大切な皆さんへの感謝の気持ち、そんな皆さんと一緒にこれから沢山の笑顔に向かって進んでいくという、今の自分の素直な気持ちを歌詞に込めて作りました。

――ソロデビューに対する意気込みをお聞かせください。

 Dream Shizukaとしてこれから新しい道を一歩一歩進んでいく中で、自分だからこそ届けられる音楽との出会いを大切に、自由に楽しみながら音楽を届けていきたいと思います。そして、今まで挑戦できなかった音楽以外のことにもどんどん挑戦していき、Dream Shizukaを皆さんに色々な角度から知っていただけるように頑張って進んでいきたいと思います。

 現在Dream Shizukaは、2月22日より始まるE.G.familyとして初の全国ホールツアー『E.G.POWER 2019~POWER to the DOME~』に出演予定。

記事タグ