4日都内でおこなわれた『Samantha Thavasa 25周年キック・オフプレ発表会』に、GENERATIONS from EXILE TRIBEの白濱亜嵐、E-girlsの楓、藤井夏恋、山口乃々華や、ソロシンガーの鈴木愛理らが登場し、サマンサタバサへの思いなどを語った。

 2019年3月に設立25周年を迎えるサマンサタバサは、この日を迎えるにあたり、その記念プロジェクト“365の夢のサプライズを毎日お届けするサマンサタバサ25周年イヤー特別プロジェクト「25周年の感謝を込めて。-365の夢を叶える。-」”を3月1日にスタート。この日のイベントはそのキックオフとして様々な方面に向けた、バラエティに富んだコラボプロジェクトの紹介や、サマンサタバサにゆかりのある人たちのトークショーなどが披露された。

白濱亜嵐

白濱亜嵐

白濱亜嵐

 ランウェイを歩き会場を沸かせた白濱は、GENERATIONS from EXILE TRIBEの『Love Yov More』がサマンサタバサのCMで起用されていたことを回想し「僕たちとしても大切な一曲になりました。Samantha Thavasa20周年のイベントでパフォーマンスをさせていただいたことも、とても思い出に残っています」と振り返りつつ、今後の目標を「GENERATIONS from EXILE TRIBEを日本を代表するグループ、さらには世界でも活躍できるようなグループにしていきたいです」と力強く語った。

山口乃々華

藤井夏恋

 楓はサマンサタバサとの思い出について「Happinessでサマンサタバサのイベントに出演させていただいた時にビヨンセが来ていて、彼女に直接CDを渡せました。(そんな)サマンサタバサさんと一緒じゃないとできない経験をさせていただきました」と思い出を回想する。

 一方でサマンサタバサと叶えたい今後の夢について藤井は「サマンサタバサさんとE-girlsは長いお付き合いをさせていただいているので、次は私個人としても何か発信していけたら」とどん欲に自身の意気込みを語った。

鈴木愛理

鈴木愛理

鈴木愛理

 ファッション誌『Ray』の専属モデルとしても活躍する鈴木愛理は、このプロジェクトにて、『Ray』代表としてコラボレーションバッグ制作に携わる予定。「(Rayの)読者は大学生が多いので、新生活がワクワクするようなものを作りたい」と意気込む。

BREAKERZ

TERU

 さらにこの日のイベントでは歌手のオースティン・マホーンと倉木麻衣がスペシャルゲストとして登場、マホーンは「Dirty Work」「Why Don't We」の2曲、倉木は「きみと恋のままで終われない いつも夢のままじゃいられない」の1曲を披露。他にもGLAYのTERU、BREAKERZなども登場した。【取材・撮影=桂 伸也】

記事タグ