フィギュアスケーター・浅田真央の、魔法使いメリー・ポピンズに扮した姿が話題だ。映画イベントで着用したもので、そのキュートさに「かわいらしくて夢いっぱい」などと反響が相次いでいる。

 12月31日に都内でおこなわれたディズニー映画『メリー・ポピンズ リターンズ』の前夜祭イベントに出演した浅田。メリー・ポピンズの衣装に扮して登場した浅田は映画の大ファンだといい、現役時代の2012年、22歳のときに振付師からスケーティングのための音楽として推薦されたという。

 その楽曲は軽快なサウンドが特徴の「スーパーカリフラジリスティックエクスピアリドーシャス(Supercalifragilisticexpialidocious)」。当時、悩みを抱えていたという浅田は「この曲は明るくて元気がもらえて、滑っていて楽しくて、一気に(視界が)明るくなりました」と救われたことを語った。

 ブルーの衣装に赤色を基調にしたハット帽など、メリー・ポピンズの衣装を着た浅田。1964年に公開された『メリー・ポピンズ』の続編となる本作だが、浅田のキュートなルックスや笑顔が衣装を一層引き立てている。

 この画像がネットニュースや動画を介して広く伝えられると、ネット上では続々と反響の声が挙がった。

 ツイッター上には「真央ちゃんポピンズ可愛い!」「やっぱり真央ちゃんの笑顔はいい」「真央ちゃんのメリー・ポピンズ、かわいらしくて夢いっぱいできらきら」などと、浅田のキュートさを称賛するコメントが相次いだ。

 さらに、動画配信サイト・ユーチューブには、「ディズニー・スタジオ公式」による動画も公開されている。公開を記念して、浅田自身で振付、選曲したという特別映像『魔法のエキシビション』で、メリーの衣装を着た浅田が、街灯がともるリンクを華麗に滑っている

 イベントの中で、その映像を初めて鑑賞した浅田は「これ以上ないぐらい滑り切ったので、私自身も大スクリーンで見れることができて嬉しかった」と感想を話している。

 動画を鑑賞したファンも続々と感想を寄せ、「やっぱ真央ちゃんは格別なんだよなぁ」「あんまりすてきで涙出ちゃった」「コートの翻るとこが最高に美しい」「真央ちゃん、あの衣装でよくジャンプ跳べるなぁ。Lovely」「メリポピ感動した~! 魔法にかかったよ!」と絶賛の声が続々と挙がっている。

 映画『メリー・ポピンズ リターンズ』は、2月1日から全国公開される。

記事タグ