嵐のメンバー5人が、12月31日放送のフジテレビ系『VS嵐』の冒頭、2020年いっぱいで活動休止することを改めて報告。リーダーの大野智は突然の発表を詫びた上で、これからの2年間の活動への意欲を口に。二宮和也は「残り2年って言ってますけど、やっぱそこに甘えちゃいけないと思う」とし、来年末まで番組を走破したい意気込みを語った。

 番組冒頭、左から相葉雅紀、松本潤、櫻井翔、大野智、二宮和也と並んだメンバー。櫻井は「先日発表しました通り、嵐は2020年12月31日をもって活動休止することとなりました」と改めて報告した。

 リーダーの大野は「突然の発表で驚かせてしまってごめんなさい」と頭を下げたあと、「ただ、これからの時間も僕ら頑張っている姿を見せていきたいとお思っております」と決意を口にした。

 櫻井は今後も多くのゲストに番組に登場して欲しいと願い、相葉は同番組のコーナー、「ババ抜き最弱王決定戦」で“最弱王”であることを告げ、「返り咲いてしまったので、これちょっとね、これを返上したい」と今後に意気込み。

 そして、「色んな人たちに来ていただいて、ババ抜き大会開催したいのでお願いします」と告げると、二宮は「ババ抜き大会になっちゃった」とツッコミを入れ、メンバーは爆笑した。

 松本は「400回、近々迎えますし」と同番組が節目の放送回に迫っていることを伝え、「たくさんの方に今まで来ていただきましたけども、これからもね、僕らがなかなか会えない人だったり、色んな人に来てもらって、ゲームをやりながらみんなで楽しく過ごしていけたらと思ってます。今度ともよろしくお願いします」とメッセージを寄せた。

 二宮は「色んなところで2年、2年、残り2年って言ってますけど、やっぱそこに甘えちゃいけないと思う。1年半で終わっちゃう可能性があるから」と述べると、櫻井は「確かにそれはある」と相槌をうった。

 そして、「終わらないように、最後まで走り切りたいと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします」と続けた。

 最後に櫻井は「ゲストの皆さん、視聴者の皆さんが楽しく、明るく感じられるような番組を、楽しく、明るく作っていきたい」と話すと、大野が「それでは『VS嵐』スタート」と告げて番組開始の音頭をとった。

 嵐は27日、公式ファンクラブサイトにメッセージ動画を公開。その会見を開き、改めて2020年12月31日をもって活動休止することを発表している。

記事タグ