2020年末での活動休止を発表した嵐。事務所の先輩であるTOKIOの国分太一は28日朝、TBS系『ビビット』で報に触れた際の心境を語った。

 国分は番組の冒頭で以下のコメント。

 「複雑というか、驚くというか、活動休止を決めた嵐なんだ、というような部分と、立ち止まりたいという大野の気持ち、4人のなんとかならないかと思った気持ち、全て分かるような気がして、複雑な気持ちになったな、と」

 堀尾正明フリーアナウンサーから「すごい驚いたわけではない?」と聞かれると「正直なかったですね」と答えた。

記事タグ