三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの山下健二郎が23日、主演する舞台『八王子ゾンビーズ』のDVD発売記念イベントに出席。脚本・演出を務める鈴木おさむ氏、舞台に出演した劇団EXILEの小澤雄太も登場し、舞台裏などについてトークセッションをおこなった。山下は普段は舞台など絶対に観ないという、三代目JSBのELLYも同作を鑑賞し「普通に面白かった」と述べたと言うエピソードを明かし、「嬉しかった」と笑顔を見せた。また、2020年に同作が映画化されることも明かされた。

 『八王子ゾンビーズ』は、「音楽×ゾンビ×ダンス」をテーマにしたオリジナル作品。昨年8月5日~19日まで東京・TBS赤坂ACTシアターで上演され全20公演で2万5000人を動員した。主題歌をm-floが担当。劇中歌も☆Taku Takahashiがオリジナル曲を書き下ろした。鈴木氏が監督で、山下が主演する映画化も決定し、2020年に公開される予定。

 DVDが発売され、山下は「本当に頑張った舞台なので、こうやって映像化されることは嬉しいです。ぜひ皆さんに観てもらいたい。舞台に来れなかった方々もDVDで観れるので色んな方々に観て頂けたら」と笑顔を見せた。

山下健二郎

山下健二郎

 また、舞台を振り返り「長台詞が多くて、これはまずいなと焦っていました。稽古でも最初の5日くらいは台詞を覚えるのに精一杯で誰とも話せなかったんですが、ちょうど花火大会の時期でみんなで眺めたり、近くの中華料理屋でご飯食べたりして仲良くなれました。(小澤)雄太には、家に来てもらってご飯作ったりしてもらいました」とエピソードを明かす。

 小澤は「スーパーで買った物とかをアレンジして作ってました」と言い、「健二郎は最初、立ち回りも多くて『無理。ダンスと全然違う』って言ってたんですけど、練習を重ねていく内に出来るようになって」と山下の努力に感服した様子。

 山下は「雄太は同じ歳だし、ほぼ同期で事務所にも入ったので隣に居てくれて心強かったです」と小澤の存在について特別な想いを語る。

小澤雄太

小澤雄太

 共演した丘山晴己、高野洸とは彼らが刀剣乱舞として出場した昨年末の『NHK紅白歌合戦』でも会ったと話す山下。「刀剣乱舞って役名で呼ばないと駄目なんですね。はるちゃん(丘山晴己)、洸! って呼んでも『駄目だ…私は膝丸だ』って言って格好つけて。『どうした? 大丈夫? 面倒くせえな』って言ってました(笑)。そういうルールがあるみたいですね」と独特のルールに戸惑ったと話す。

 鈴木氏は「本当に仲が良くて。普通は舞台終わって会ったりしないものなんですが、年末にも会ったりして」と共演を通して仲良くなった様子を喜ぶ。

 普段は舞台など絶対に観ないという、三代目JSBのELLYも『八王子ゾンビーズ』には訪れたという。鈴木氏は「(健二郎くんも)絶対来ないと言ってたので、とても嬉しかったです」と振り返る。山下も「(ELLYは普段)絶対来ないんで、『普通に面白かった』と言ってもらえて嬉しかったですね」と笑顔を見せた。

小澤雄太、山下健二郎、鈴木おさむ氏

 舞台の見どころについて、鈴木氏は「殺陣をみんながものすごく稽古しているので、改めて観て頂ければその凄さも伝わると思います。あと、ダンスも揃っているのでそれも伝わると思います」と語る。

 映画化も決定しているが、山下は「なかなか舞台が映画になるっていうのはないと思うのですが、僕が主演した舞台が映画になって嬉しいです。『八王子ゾンビーズ』がもっともっと広がってくれたら」と素直に喜んだ。

 鈴木氏は「漫画とか原作があるものが映画になることが多いのですが、こうやってオリジナルの舞台が映画を始め、色んな形で広めて行ければ」と映画以外にも構想していると言う。

鈴木おさむ氏

 さらに「去年、『カメラを止めるな』が大ヒットして日本人にもゾンビの存在が身近になったなと思っています。人間ドラマもあるので、映画にしたら健二郎くんがどんな風に演じてくれるだろうと僕自身も楽しみです」と山下の演技に期待を寄せる。

 また、映画の音楽についても「m-floさんにも、出来たらどんどん絡んできて欲しい」と希望を明かした。

 最後に山下は、グループとしても「去年はソロのプロジェクトでそれぞれ動いていたのですが、今年は4月から7人集まってまずはツアーを成功させて、最高の1年にしていきたいと思います」と全国ドームツアー『三代目 J SOUL BROTHERS LIVE TOUR 2019“RAISE THE FLAG”』の成功を誓った。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ