X JAPANのToshlが、ロックバンド・氣志團との記念ショットを公開。6人が色違いの服を着ているショットで、ファンから「グラサン繋がりで違和感ない」などの声が挙がり、話題を広げている。

 20日に自身のインスタグラムを更新したToshl。19日に神奈川・横浜アリーナで開催された、氣志團も出演した『ニッポン放送オールナイトニッポン presents ALL LIVE NIPPON 2019』に出演したことを報告した。

 そして、「#氣志團の」「#皆様」「#決めポーズ」「#夜露死苦」などのハッシュタグをつけ、気志團のメンバー5人との集合ショットを公開した。

 Toshlが公開したショットは、6人がそれぞれ異なる色違いの服を着たもの。前列の綾小路翔は赤の学ランを来て、カメラにむかって視線を飛ばす。一方のToshlは後列で黒のスーツスタイル。右手の指で“X”のポーズを取ったカラフルな一枚になっている。

 このショットにファンから続々とメッセージが投稿され、ライブを鑑賞したファンからは感動したとの声が続々と寄せられ、同時にこんな声も。

 投稿欄には「としくん、氣志團さんにナチュラルに溶け込んでますね」「グラサン繋がりで違和感ない」「としくん まるで新メンバー!」「色合いといい、インパクトといいとても、マッチしています」とのコメントが見られ、気志團のメンバーと見間違うほどのフィット感が話題を呼んでいる。

 綾小路も自身のインスタグラムを更新し、Toshlとの記念ショットを公開。「房総の伝説・Toshlさんと初記念写真」と初めて写真を一緒に撮ったことを明かし、ファンからは「馴染んで気付かなかった」と気志團ファンからも違和感のなさを指摘する声が。

 さらに、綾小路は「#中学の時館山の夏祭りに帰って来たToshIさんを見に行った話も出来ました」「#多分実家にその時の写真ある」とのエピソードも紹介。同じ千葉県の房総半島出身の先輩・Toshlをリスペクトする心境が寄せられている。

記事タグ