AKB48グループが1⽉18⽇・19⽇、TOKYO DOME CITY HALLで、『AKB48グループリクエストアワーセットリストベスト100 2019』を開催。対象曲1182曲の頂点には、AKB48チーム8「47の素敵な街へ」が輝いた。以下はオフィシャルレポート。

【1⽇⽬・夜公演/100〜76位】最新シングルや前年1位が登場する波乱の展開に

 AKB48 グループの楽曲の中からリクエストを募り、 上位 100 位にランクインした楽曲をランキング形式で発表する、AKB48 グループ年明けの⾵物詩のライブ、“リクアワ“ことリクエストアワーが、今年も開催。グループ総監督の横⼭由依は「これが始まると今年が始まったなと。平成最後のリクアワです」と語り、AKB48 グループとしての 2019 年が本格的に始まったことを実感しているようでした。

 幕開けを飾ったのは、SKE48 のシングルカップリング曲「いい⼈いい⼈詐欺」。その後も、シングルのタイトル曲だけでなく、なかなかライブで披露される機会が少ないカップリングや劇場公演のユニット曲などもランキングを彩り、リクアワらしいバラエティに富んだセットリストとなりました。

 98 位は、2014 年のリクアワで 1 位を獲得した「純情フィロソフィー」。峯岸みなみは、「こじまこが卒業するので歌えてよかった。でも、まだ私がいるとは…」と、とぼけながらも先⽇卒業を発表した⼩嶋真⼦に祝福のコメント。79 位「LOVE 修⾏」でも、センターを務める⼩嶋にメンバーが抱きついたり語りかけたりしながらパフォーマンスし、再集結した峯岸チーム 4 の絆を⾒せていました。

(C)AKS

(C)AKS

 また、1 公演⽬にして、これからの波乱の展開を予感させる場⾯も。AKB48 最新シングル「NO WAY MAN」が 86 位、昨年 1 位に輝いた NGT48 の「世界はどこまで⻘空なのか?」が 77 位と、ランキングに早々と顔を⾒せ、会場中から驚きの声が上がっていました。

 合間の MC コーナーでは、地獄に落ちた“きゅーりじゅーす“こと HKT48 の運上弘菜と⼩⽥彩加がキュートに毒を吐きまくるブラックコントや、リクアワで⽣まれた峯岸みなみ、柏⽊由紀、指原莉乃によるユニット“サンコン”によるベテランならではの絶妙な掛け合いのトークも繰り広げられました。

 25 曲中 6 曲が HKT48 の楽曲が占める結果となり、90 位「最⾼かよ」、76 位「Just a moment」などでは、担当メンバーだけでなくステージで⾒守る HKT48 メンバーも参加しハイテンションで盛り上がっていました。

【2⽇⽬・昼公演/75〜51位】隠れた名曲揃いカップリング曲がランキングを席巻

 卒業したメンバーのポジションを誰が務めるかというのも、リクアワでの注⽬ポイント。渡辺⿇友のソロ曲「純情ソーダ⽔」を⾼橋彩⾳が、島⽥晴⾹が公演の前座で初めて披露しその後様々なメンバーが歌い継いできた「ロマンスかくれんぼ」を⼤森美優が、それぞれ歌唱。先輩楽曲が継承されていく AKB48 グループを象徴する場⾯となりました。

 この公演でランキングしたシングルタイトル曲は、55 位の「ジャーバージャー」のみ。その他は、ほぼシングルのカップリング曲が占めました。

 中でも異彩を放っていたのが、67 位にランクインした、テレビ番組の企画と連動した楽曲「池の⽔を抜きたい」。タイトル通り、池の⽔を抜く作業着姿でのパフォーマンスとなり、センターを務める⼤家志津⾹は「⾐装もこんなですし…アイドルの曲としてはすごい歌詞。でも、(センターとして歌うことができて)じんときました。嬉しいです」と語っていました。

(C)AKS

(C)AKS

 リクアワで常に上位争いに加わってきた、SKE48 の須⽥亜⾹⾥、⾕真理佳、松村⾹織の 3 ⼈ユニットによる「恋よりも Dream」は、60 位。順位は落ちてしまったものの、卒業を控え結婚したいと公⾔している 48 グループ最年⻑の松村が「婚活してます!旦那さんお待ちしてまーす!」と宣⾔するなど、毎年リクアワを盛り上げてきた名物ユニットらしく賑やかなパフォーマンスを⾒せていました。

 また、楽曲の合間には、久保怜⾳がステージや舞台裏をお散歩し、メンバーやスタッフと触れ合う⾃由すぎる内容の「さと散歩」などの企画も⾏われました。

【2⽇⽬・午後公演/50〜26位】ランキングとともに多彩なMCコーナーも盛り上がり

 50 位・SKE48 の「奇跡の流星群」でスタートし、この公演からランキングも折り返し。

 オープニング MC では、今年の春に船上劇場が完成予定の STU48 メンバーが、劇場公演での⼼構えを SKE48 メンバーに質問。薮下楓から「ファンの⽅との距離が近い劇場でどんなところに気をつけていますか?」と質問され、⾼柳明⾳が「ひとりひとりの顔を⾒ることがポイント」と伝授したものの、最前列のファンの⽅と⽬が合うと「やっぱり何年やっても(距離が)近いと照れますね」と顔を⾚らめていました。また、瀧野由美⼦からは須⽥亜⾹⾥に「写真集を出してみたいけど、どうしたら売れますか?」とパンチのきいた質問が⾶び、須⽥も「私の写真集が売れてないのを知ってて聞いてるでしょー?」と苦笑しながら「写真集を出すことよりも、売れることを⽬標にした⽅がいい!」とアドバイスを送って、会場の笑いを誘いました。

(C)AKS

(C)AKS

 AKB48 ⽮作萌夏は、宮崎美穂が務めていた「みゃおの部屋」を引き継いで「もえかの部屋」と題したトークコーナーを展開。じゃんけん⼤会でタッグを組んで距離が縮まったという峯岸みなみをゲストに迎えたものの、噛み合わない破茶滅茶なトークを繰り広げました。

 さらに「AKB48 グループ歌唱⼒ No.1 決定戦」(TBS チャンネル)で優勝した SKE48 野島樺乃が登場し、「桜の⽊になろう」をアカペラで披露し、伸びやかな歌声に会場のお客様だけでなくメンバーからも⼤きな拍⼿が送られました。

 昨年のリクアワで第 3 位にランクインし、⼤きな話題となった NGT48 研究⽣の楽曲「下の名で呼べたのは...」が 34 位で発表されると、会場からはどよめきが起こりましたが、浴⾐姿のメンバーは2年連続のランキングに晴れやかな表情で感謝のパフォーマンスを⾒せていました。

(C)AKS

(C)AKS

 昼公演最後の発表となる 26 位には、⼥性⼈気の⾼いメンバーで構成された NMB48 のユニット<Queentet>の楽曲「Which one」がランクイン。この昼公演では、唯⼀の NMB48 ランクインとなり、太⽥夢莉は「投票してくださったみなさん、ありがとうございます」と感謝の気持ちを述べました。

 昼公演は、25 曲中 10 曲を AKB48 楽曲が占める結果となりました。

【2⽇⽬・夜公演/25〜1位】あの曲が、ついに頂点に!! 次期総監督の決意表明も

 いよいよランキングもクライマックス。これまでの公演以上に、楽曲が発表される度に、会場のどよめきや歓声が増していきました。

 25 位は、昨年開催された世界選抜総選挙の特別枠で 100 位から 81 位にランクインしたメンバーたちによる「波が伝えるもの」。2011 年に発表された楽曲ながら「アイスのくちづけ」が、今年も 17 位と安定の強さを⾒せ、指原莉乃たちも「この季節に必ず聴く曲」と讃えていました。 緊迫のランキングの合間には、「⼥芸⼈ No1 決定戦 THE W」でセミファイナリストとなった福⼠奈央による、栃⽊のいいところを⾔いたいのに悪いところを⾔ってしまうぶっ⾶んだネタが存在感を残しました。

(C)AKS

(C)AKS

 NGT48 研究⽣の初の楽曲「今⽇は負けでもいい」は 13 位、STU48 デビューシングル「暗闇」は 8 位、今は別々のチームで活動している AKB48 16 期⽣の「抱きつこうか?」は 7 位と、フレッシュな楽曲が上位に⾷い込む⼤健闘を⾒せました。

 第 4 位は、昨年春に開催された「AKB48 グループセンター試験」で好成績を残したメンバーによる「君は僕の⾵」。ライブでは初披露となり、48 グループへの知識と愛を持つメンバーたちへのファンからの⽀持が集まった結果となりました。

 また、次期総監督に指名された向井地美⾳が AKB48 への愛と意気込みを語る時間も設けられ、「偉⼤な総監督にはないたったひとつの強みがあります。それは、AKB48 に⼊るずっと前から AKB48 が⼤好きだったこと。ファンの⽅の気持ちを誰よりも知っていることです。そんな私だからできる、私らしい総監督になりたいと思います(⼀部抜粋)」と決意表明。その頼もしい姿を、メンバーたち、そして現総監督の横⼭由依が⾒守っていました。

(C)AKS

(C)AKS

 いよいよ、TOP3。第 3 位は、世界選抜総選挙で選ばれたメンバーによるシングル曲「センチメンタルトレイン」。センターの松井珠理奈は、「素敵な順位で歌わせていただいたことを嬉しく思っています」と喜びのコメント。第 2 位は、HKT48 のシングルカップリングのユニット曲「ロマンティック病」。⽥中美久「本当に本当にありがとうございます!」と、参加できなかった⽮吹奈⼦たちの分も感謝の気持ちを伝えました。

 そして、1182 曲の頂点に⽴ったのは、AKB48 チーム 8 の代表曲「47 の素敵な街へ」。2 年連続 2 位など、これまでも 1 位まであと⼀歩のところで悔し涙をのんできた楽曲が、悲願の初 V。ステージに登場するなり、泣き崩れたり、抱き合ったり、それぞれが喜びを爆発させながらパフォーマンス。地元の都道府県名を叫ぶ間奏では、いつもに増して⼤きな声で叫び、感謝の気持ち伝えていました。

(C)AKS

(C)AKS

 倉野尾成美は、「1 位が取れたから終わりじゃないので、これからもチーム 8 よろしくお願い致します!」と、さらに上を⽬指していくことを投票してくれた皆様に宣⾔。最後は、参加したメンバーと会場のお客様が⼀緒に「チーム 8、おめでとう!」の⼤合唱で締めくくりました。

 また、アンコールでは、昨年の春からメキシコで活動している⼊⼭杏奈がサプライズで登場。ドラマ撮影など現地での活動の様⼦が伝えられました。久しぶりに「恋するフォーチュンクッキー」を披露すると、「まだ卒業してませんからね。また帰ってきます」と笑顔を⾒せ、「いってらっしゃい」との声に送り出されステージをあとにしました。

記事タグ