何としても大阪・BIGCATをソールドアウトさせたい

『Millionaire』ジャケ写

――「Neo」は多少変化するとは思いますけど、他の曲はそのままライブでやっても差し支えないですよね。

 ライブという中での多少の違いは出るとは思いますけど、大きな変化は少ないと思います。最初聴いた時の印象は変わらず、ライブならではの良さが出るというのが理想です。実際音源で聴いても、ライブで聴いても、ライブが終わった後にCDを聴いても良いと感じてもらえるアルバムが出来たと思います。

――その中で今作でライブで化けそうな曲はどれだと思いますか。

 この中だったら、単純に自分もたいちゃんもこういう感じの曲が好きということもあるんですけど、「Crush Out」かな。この曲はライブでやったら相当良くなると思います。

――楽曲のタイトルはいつも通りTaichiさんが?

 そうです。いつも通り曲の印象や歌詞からインスピレーションを受けて付けてます。今回は最初に来たタイトル案がどれも良かったので一発採用でした。

――オープニングを飾る「The World's End」はタイトルが穏やかじゃないですね。

 たいちゃんはこういったネガティブなところから入っていく言葉が好きだと思うんです(笑)。

――Eitaさんはタイトルは考えないんですか。

 僕の場合、作詞をしていることもあって、その曲の核となる言葉がわかるので、それをタイトルにしてしまう節があります。この曲はここを感じ取って欲しいみたいな。でも、たいちゃんは曲の印象と合わせて考えてくるので、それが良いなと感じています。「Be Louder」なんて、僕はそこをチョイスしなかったと思います。僕の中では歌詞を書いている人より、曲を作っている人の方がタイトルをつけた方良いんじゃないかと思っています。

――「The World's End」はTaichiさんが作っていると思うので、割とつけやすそうですね。

 そうですね。でも、今回はIkki君が「Neo」とか大元を作って、「Flames」はMakotoが書いていて、本当に原型ですけど、それをたいちゃんが完成系まで持っていっています。「Flames」は最初のデモでは歌がつけられなかったんです(笑)。誰が作ったのか当時は知らなかったんですけど、歌がつけられないから「これ飛ばすね」みたいな感じで。でも、ある程度完成に近づいたらすごく良くなっていて、「あれ誰が作ったの」って聞いたらMakotoだということが分かって。でも、ほとんど原型は残ってないですよ(笑)。

――そうだったんですか。ちなみに今までお二人以外のメンバーが原型など作ってきたことはあったのでしょうか。

 今回が初めてですね。ほとんどは僕が曲の大元を作って、たいちゃんがトラックを構築していく流れだったんですけど、今回はアッパーな曲を増やすというところで、たいちゃんも悩んでいたところから、他のメンバーも「曲を出してみたら?」という話になったんですけど、きっと出しにくかったと思います(笑)。

――最後にこのアルバムを引っさげたツアー『FABLED NUMBER presents 「Millionaire Tour」~銭、もろてもええですか?~』が2月3日から始まります。そこに向けての意気込みをお願いします。

 ツアーのラストが大阪・BIGCATで、何としてもそこをソールドアウトさせたいというのがあります。そこを埋められたら周りの印象も含めて、僕らも変わってくるなと感じています。そこまでの道のりで一緒に出てくれる対バンの方達の勢いを借りながら、自分たちもそのバンドを引っ張って行けたらと思っています。それが成長にも繋がると思うので。

――どんなツアーになりそうですか。

 ツアー初日が神戸なんですけど、今回はすごく話し合ってます。今までツアー初日の事でここまで話し合ったことはないんです。というのも、ツアー初日でファイナルと同じくらいのレベルで出来たら、本当のファイナルはどうなっているのかというワクワク感があるので、みんな同じ意識を持って準備をしています。

 このアルバム良かったなというのが、ライブをする毎に良くなってくると思います。ライブのために作ったアルバムなので、中途半端なライブにはならないと思いますし、このツアーでこれからの作品のことも分かってくると思います。とにかく相当気合いが入っているので、是非、観に来て欲しいです。

(おわり)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。