AKB48グループの成人式が14日、東京・神田明神でおこなわれ、NGT48荻野由佳ら44人(STU48三島遥香は欠席)が振袖姿を披露した。

 NGT48荻野由佳が「平成の大トリ世代」と名付けた今回のAKB48Gの新成人。個性派揃いだった。

 「成人という一生に一度の機会なので」という外薗葉月(HKT48)は3000円で作ったという自作の振袖姿で登場。

 一方の藤本冬香(SKE48)は昨年12月に加入したばかり。「芸能人がいっぱい」とあどけない表情を見せた。

 異彩を放ったのはHKT48の村重杏奈。室内でおこなわれた報道陣への振袖お披露目時。それぞれが袖を広げて一回転してにっこりと微笑むなか、村重は袖で顔を隠しながら登場すると、勢いよく回転。

 その後は、撮影会のごとく様々なパターンのポーズを決めていく。そのポージングはロックシンガーのよう。先に入室したメンバーや報道陣から笑いがもれていた。

 そんな村重はこの日、新成人を迎えた心境を「そろそろ、右と左を覚えられるようにしたい」。短い言葉でインパクトを残した。

村重杏奈

村重杏奈

村重杏奈

村重杏奈

村重杏奈

村重杏奈

村重杏奈

記事タグ