AKB48グループの成人式が14日、東京・神田明神でおこなわれ、NGT48荻野由佳ら44人(STU48三島遥香は欠席)が振袖姿を披露した。取材後、NGT48に関する一連の騒動について、運営責任者である松村匠氏、新NGT48劇場支配人・早川麻依子氏、新NGT48劇場副支配人・岡田剛氏の三氏が取材に応じ、謝罪した。

 取材に先立つこの日の未明、NGT48の公式サイトに今回の騒動に関する見解と人事異動が発表された。そこでは第三者委員会による調査の実施や、前NGT48劇場支配人・今村悦朗氏の異動、先の新体制などが伝えられた。

 早川氏はこれまで、SKE48、AKB48、STU48のマネジメントを歴任。12月にSKE48に戻っていた。早川氏は「就任したばかりで状況を把握していないものもある。山口としっかり話して、他のメンバーとも心を割って話したい」。岡田氏はSKE48などで営業まわりの管理職を経験したといい「しっかりバックアップしたい」。

 一方、前任・今村氏の人事異動について「混乱の責任を取ってのものか」と報道陣から問われると、松村氏は「そういうことではありません」と否定。あくまでも「人事異動」の一環であると語った。

 早川氏の就任についても「同じ女性として(メンバー、女性の)立場を理解し、新たなNGT48を創出したいという思いがあった」と説明。早川氏の起用は、今回の騒動の要因の一つともなった「コミュニケーション不足」を解消するねらいがあるとみられる。

 また、今回の騒動では、事件に関与したメンバーの存在が取り沙汰されている。1月10日発表のリリースでは、「メンバーの1名が、男から道で声をかけられ、山口真帆の自宅は知らないものの、推測出来るような帰宅時間を伝えてしまったことを確認しました」と伝えている。

 さらに、14日発表のリリースでは、新潟警察署より、送致された人物は「ファンを名乗る犯人2名のみです」「今回、メンバーは誰も送致されておりません」という理由から「メンバーの中に違法な行為をした者はいない」と認識していると説明。その一方で、メンバーに不適切な言動がなかったか、真相究明のために弁護士などを加えた第三者委員会を設置、調査すると伝えている。

 この件について松村氏は「早急に取り掛かりたい」としながらも「メンバーに関わることなので迅速にやりながらも丁寧にやらなければならないと思う」と迅速かつ慎重に進めていきたいとの意向を示した。

 対応の遅れも指摘されるが「警察の捜査状況を鑑みていたというのが大きな理由。昨日(13日)、警察の方からも見解を頂いたのでこういう場を設けた」としながらも「こういう場を設けることを早くすれば良かった」と反省。

 被害者である山口真帆の告白によって明るみになったことも「本人とのコミュニケーションをしっかりできなかった私の責任」とし、山口が謝罪する事態になったことについても「運営責任者である私の全ての責任。しっかりコミュニケーションをとって、再発防止に努めたい。結果的にああいう形になってしまったのは私の考えが浅はかだった。深く深く反省をしています」と謝罪した。

 また、NGT48のメンバーの様子については「全員がメンタル的にも大変な思いをしている。全員をケアをしっかりしていかなければ」。AKSでは以前からメタルカウンセラーを常駐させ、対応をおこなっているようだが、今後一層の対応をおこなっていくとし、あわせて警備の強化を実施するとも述べた。

 メンバーの風紀についても言及。「風紀は常々気にしている。ファンあってのメンバー、ファンの方がご覧になって風紀が…という考えがある場合は随時正していく」とも述べた。

記事タグ