【取材雑感】EXILE/三代目 J SOUL BROTHERSの岩田剛典と、映画監督で俳優の斎藤工らが寒空の下での取材で記者を気遣う対応を見せた。

 岩田や斎藤らは9日、ルイ・ヴィトンのポップアップストアのオープンを記念して都内で開催された『Louis Vuitton Men’s SS19 Pop-Up Store レセプションパーティー』に出席。

 レセプションパーティーには、ゲストとして岩田や斎藤のほかVERBAL、オカモトレイジ(オカモトズ)、ミュージシャンで俳優の金子ノブアキ、俳優の小関裕太、モデル・俳優の清原翔、モデル・俳優の中田圭佑、モデルで俳優の成田凌がルイ・ヴィトンの新作である華やかな衣装で登場。会場外に設けられたスペースで報道陣によるフォトコールに応じた。

 寒波の影響で寒い日となった上に、冷たい風が強く吹きすさぶ中、最新コレクションで防寒よりもファッショナブルであることが優先された衣装で登場した彼ら。白いスーツのセットアップ姿にサングラスを掛けて現れた岩田は開口一番「寒いっすね! 涙出そう…」と記者に語りかけその場を和ませた。更に行きたい場所について聞かれると岩田は「寒いんで、銭湯に行きたいです(笑)」と率直なコメントで笑いを誘った。

 そんな中、岩田は「ベストとかディテールもこだわっていて靴ひものカラーとか普遍的な要素もありつつチャレンジングなコレクションになっているんじゃないかと思います」とアイテムについて語り、カメラマンの「ベストも見せてもらっていいですか?」という要求に「脱ぎますか? いいですよ! 脱ぎますよ」と気軽に応じ、ジャケットを脱いでの撮影にも応じた。最後には「皆さんも寒いんで暖かくして下さい」と報道陣を気遣った。

 フォトコールの最後に、明るいブラウンのコートを羽織って登場した斎藤。「僕で最後なんでもうすぐ終わりますよ!」と声を掛け、寒い中での長時間の取材をおもんばかった。撮影中には「皆さんも寒いですよね」と声を掛けながら終始報道陣を気遣う姿が印象的だった。

 2人ともメディアではクールに見えるが、数多くの取材現場を経験していることもあってか、現場での雰囲気や関係者を大事にしていると改めて知ったひと時となった。彼らの人気もそういう見えない場所でのおこないの積み重ねの上にあるのかもしれない。【取材・撮影=松尾模糊】

記事タグ