岩田剛典(EXILE/三代目 J SOUL BROTHERS)と俳優で監督の斎藤工らが9日、ルイ・ヴィトンのポップアップストアのオープンを記念して都内で開催された「Louis Vuitton Men’s SS19 Pop-Up Store レセプションパーティー」に出席。ルイ・ヴィトンの最新コレクションを身に着けた岩田は「テンションが上がるコレクション」と目を輝かせた。

 レセプションパーティーには、ゲストとして岩田のほかVERBAL、オカモトレイジ(OKAMOTO'S)、ミュージシャンで俳優の金子ノブアキ、小関裕太、モデル・俳優の清原翔、中田圭祐、成田凌がルイ・ヴィトンの新作である華やかな衣装で登場。

 「Louis Vuitton Men’s SS19 Pop-Up Store」は、ファッションデザイナーのヴァージル・アブロー氏がメンズアーティスティック・ディレクターに就任後初となる2019年春夏メンズコレクションのアイテムを揃える。1月10日から31日の期間限定で、原宿にオープンする商業施設「神宮前6丁目プロジェクト(仮称)」内にオープン。

 ヴァージル・アブロー氏が初めて手掛ける2019年春夏メンズコレクションは、少女ドロシーが不思議な国で出会った仲間たちと冒険する映画『オズの魔法使い』と光のプリズムから着想を得ている。今回のポップアップストアは、映画『オズの魔法使い』のミュージカルファンタジーが随所に感じられる空間を演出。同コレクションの世界観を表現する光のプリズムを想わせるレインボーに彩られたモノグラム・モチーフが一面ガラス張りの建物の外観にあしらわれ、ジャイアント・オブジェとともに来店者を迎える。

 明るいブラウンのコートを羽織って登場した斎藤。新コレクションを身にまとい、「汚しちゃいけないので気を使います(笑)。着心地がいいです」とコメント。上下白のセットアップ姿に足元の蛍光色が映える衣装で現れた岩田は「ベストとかディテールも凝っていて靴ひものカラーとか普遍的な要素もありつつチャレンジングなコレクションになっているんじゃないかと思います」と言い、ファッションポイントについて「たまたま真っ白で冬にふさわしいコーディネートになりました」と笑顔を見せた。

 ポップアップストアを見て、斎藤は「リニューアルな感じがします。大きなオブジェクトもあって、カラフルな世界観ですごく色鮮やかです」と言い、岩田は「テンションが上がるコレクションですね。パリでも見させて頂いたのですが、その時に衝撃を受けたアイテムがあって改めて感動しました」とヴァージル氏のコレクションに目を輝かせた。

 今年の目標について、岩田は「三代目 J SOUL BROTHERSが今年は1月1日に“RAISE THE FLAG”というフレーズを打ち立てたので、その言葉通り今までのイメージや概念を崩して再構築できるように頑張りたい」と意欲を示した。

 斎藤は「ささくれを食べる癖があるので、今年こそ辞めたいです(笑)。年号が変わったり、特別な1年ですが毎日を丁寧に生きて行きたいです」と目標を明かす。

 また、寒波の影響で寒い日となったこの日。行きたい場所について聞かれると岩田は「寒いんで、銭湯に行きたいです(笑)」と率直に述べた。

 なお店内には、プレタポルテ、シューズ、レザーグッズ、時計、アクセサリー等幅広いラインアップを用意。旅行用ボストンバ ッグとして長く愛されてきた「キーポル」は、まるでオーロラのように角度によって色を変えるモノグラム・モチーフで登場。その他、ロマンティックな花とそこに横たわる女性を描いた絵画プリントのウィンドブレーカーやストリートモードを色濃く感じられるデニムシャツなども店頭を彩る予定。【取材・撮影=松尾模糊】

オカモトレイジ

VERBAL

金子ノブアキ

斎藤工

小関裕太

成田凌

清原翔

中田圭祐

記事タグ