役柄との共通点

――まず作品に対しての率直な感想を教えて下さい。

片寄涼太 実際の撮影ではみんなが仲良くなれたというか、スタッフの方も温かくて短期間の撮影だったとは思えないくらい濃密な作品であり、ご覧になるみなさんにそういう撮影の雰囲気も感じてもらえたらいいなと思っています。

清水くるみ 本当に濃い現場でした。撮影を終えて1年くらい経っていますが、今でも鮮明に思い出せる現場だったなというのと、完成した映像を観た時も雰囲気の良さが画にも出ていて、「いい作品になったな」という気持ちになりました。

――それぞれご自身の役を演じるにあたって、意識したことなどはありますか?

片寄涼太 普通の男の子というか、雑誌のライターとして東京に出てきて働いている人の日常に近づけたらなというのは凄く思っていました。

清水くるみ 私は今までに一番やりたかったと言っていいほどの役柄で、 自分から相手にいろんなボールを投げていくような振り切った役をやりたかったのですが、これまではあまり機会がなかったんです。それだけに、今回台本を最初に読んだ時には「こういう風に演じよう」と決めていて、現場でコインランドリーのセットを見ながら「このセリフはこうやって動いて…」みたいなことを1人で考えられたことがとても楽しかったのを覚えています。今見ると「もうちょっとこう演じたかった」と思う部分もあるのですけど、楽しかった感覚が忘れられなくて「またこういう役に巡り会いたいな」と思うほど自分の中で好きな役でした。

片寄涼太 相方でもある寺坂琴音役の清水さんがテンションを高く演じてくれた部分もあるんですけど、僕の演じさせてもらった蔵島はあまり波がない性格というか。だからこそ、内に秘めている辛い部分や悲しかった過去も乗り越えて行くという、物語の終盤に向けて蔵島が成長していくことをとても意識していました。当初から全5話分の台本が上がっていたので、自分の中で大きな流れを意識しながら撮影に臨めたのも大きかったです。

清水くるみ 私が投げるものに対してちゃんと応えてくれる蔵島優斗くんの存在が本当にありがたかったです。寺坂琴音は、ちゃんとキャッチしてくれないとどっかに行ってしまうような役柄だったようにも思います(笑)。

場面(C)LDH ASIA

場面(C)LDH ASIA

――演じられた役柄とご自身の共通点はありましたか?

片寄涼太 ボケ側ではなく、ツッコミ側であるところですかね(笑)。琴音ちゃんが取材先のカフェで暴れたりするシーンがあるのですが、その時「ちょっとちょっと」と止めに入るような冷静な部分は共通点かなと思います。

清水くるみ 確かに(笑)。私はこの役をやったことによって結果的に琴音ちゃんに似ていったところはあると思います。役と出会ってどんどん明るさが増していったからこそできた演技でもあって、最近演じた役で琴音ちゃんを軸にして作り上げた役もあったほど、寺坂琴音を演じたことは私にとってとても大きかったです。

片寄涼太 逆に自分はストレートというか、思ったことは表現するタイプなので、蔵島のあまり表に出さない秘めた想いを大切にしているところは優しい男だなと感じていました。最後に見せる男らしさというか、成長した部分も含めてそう感じたんだと思います。

――役者さんは様々な環境の人を演じられる面白さがあると思いますが、今作でも演技を通して感じた気づきが多かったと?

片寄涼太 下北沢やスカイツリーといったこれまであまり馴染みのなかった東京の街にも行かせてもらえて、改めて東京ってすてきだなと思えたというか、普段の自分の生活ではなかなか出会えない空気感の中にも足を踏み入れることができたのは新鮮でした。今回演じたようなお仕事で言えば、会社で怒られたりすることも日常茶飯事なのではないかと思うんです。そういった日常の中でコインランドリーに通っていることが少しの息抜きになっていたりだとか、琴音ちゃんと出会ったことがひとつの希望の兆しになったりであるとか、日常のどこにきっかけが隠れているかわからないんだなというのは、この役を通して感じられたことだと思います。

片寄涼太

片寄涼太


記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。