ゆずの北川悠仁とシンガーソングライター・あいみょんの2ショットが話題を広げている。ともに昨年末の第69回NHK紅白歌合戦に出場。実力派2人のショットは、ファンを歓喜させている。

 2日に自身のインスタグラムを更新した北川。複数のハッシュタグを付け、あいみょんとの2ショット画像を公開している。

 北川は「#初出場」「#あいみょん」と切り出した後、「#紅白でも堂々たるパフォーマンス」とし、ステージで楽曲「マリーゴールド」を歌唱したあいみょんに賛辞の言葉を贈った。

 さらに、「#実は昨年末」「#Liveに行かせてもらいました」と、あいみょんのライブを鑑賞に訪れていたことを明かし、「#素晴らしいソングライター」とリスペクトを送っている。

 北川が公開した画像のなかで、2人は楽しそうな雰囲気。ダブルピースを作った北川に対し、あいみょんは両頬に手を添えている。“紅白”出演を無事に成功させた2人の優しい2ショットといえそうだ。

 このショットにファンから大きな反響が挙がり、「あいみょんかわいい」「あいみょんと悠仁最高です」「あいみょんとツーショットは胸熱! 紅白よかったです!」などの声が寄せられ、「いつかゆうじんとあいみょんのコラボが生で見たい」との願望も飛び出している。

 さらに北川は、平昌オリンピックに出場したカーリング女子チームや「筋肉体操」の武田真治らとの記念ショットを公開。そして、「祭り」を盛大に歌唱した北島三郎と岩沢厚治をまじえた3ショットなどもアップした。

 北川は「#北島三郎様」「#まつり」「#最高でした」「#やっぱり」「#日本人ならこの曲だ」「#存在自体が」「#縁起物」「#ありがたや」とのハッシュタグで歓喜を表現しており、“紅白”という時間を大いに楽しんだ様子を伝えている。

記事タグ