平井堅が2018年12月23日・24日の2日間にわたり、神奈川県・横浜アリーナで『Ken's Bar 20th Anniversary Special !! vol.3』を開催。1998年からおこなっているコンセプトLIVE『Ken’s Bar』の開店20周年を記念したツアーの第3弾。11月23日の北海道・北海きたえーる公演から5カ所6公演をおこなった。アコーステックセットでできるだけミニマムに、普段とは曲の趣きを変えて届ける人気のライブ。平井は「20年前、50人くらいの箱から始めて今ではこんなに大きなところで続けられるというのは歌手冥利に尽きます」と20年を振り返り、クリスマスイブに最終日を迎えた公演ではアコーステックな温かみのあるステージでロマンティックな夜を演出した。24日の模様をレポートする。【取材=松尾模糊/撮影=上飯坂一、山谷佑介】

樹木希林さんへのリスペクト

平井堅(撮影=上飯坂一、山谷佑介)

 Barをイメージした長テーブルや丸椅子がステージ上に設置され心地良い空間を演出。会場中央には、テーブルクロスが掛けられた丸テーブルで飲食を楽しめる特別席も設けられ、まさに会場は巨大なKen's Barがクリスマスイブの日に起きた奇跡で開店したようだった。寒い夜となったが会場には温かい空気が満ち、観客の顔には笑顔が溢れていた。

 会場が暗転し、ステージに緑と青の照明が交互に当たる中SEが流れる。平井がベージュのスーツ姿で登場し、グランドピアノの弾き語りで、JUJUが今年2月に発売したアルバム『I』の収録曲で、平井堅が初めて作詞作曲で楽曲提供した「かわいそうだよね」を披露しショーを開始。

 さらにアコースティックギターの演奏で「思いがかさなるその前に……」をしっとりと歌い上げ、観客もその歌声に静かに聴き入っていた。

 平井は「日本で1番ロマンティックな夜に来て頂きありがとうございます。Ken's Barもおかげさまで20周年を迎えることができました」と感謝の意を伝える。

 そして「今年最後のライブパフォーマンスになります。明日死んでもいいという心持ちで歌って参ります。歌うサンタクロース平井堅が温めてやるからな。最後までよろしく横浜BOYS&GIRLS!」と意気込んだ。

 平井は「今年お亡くなりなってしまいましたが、1度だけ番組でお見掛けして…その時も郷さんと久しぶりに歌唱するという場面で。素晴らしい女優さんでした、リスペクトを込めて」と幼少期から大好きだという、郷ひろみ&樹木希林さんが歌った1978年のナンバー「林檎殺人事件」をジャンベの打楽器のみの演奏で歌唱。ハート型のサングラスをかけて楽しげに振付けつきでパフォーマンスし、観客からも手拍子が起こり会場に一体感が生まれた。

 ヒット曲「POP STAR」は、ピアノ伴奏だけのジャジーなアレンジで、誰も聴いたことがない「POPSTAR」を届けた。前半となる【Act1】最後は「せっかくロマンティックな日ですので…」と冬の季節の恋模様を歌った「センチメンタル」を披露。ロマンティックなムードを盛り上げ、観客もうっとりとした表情でステージを見守っていた。

歌手冥利に尽きます

平井堅(撮影=上飯坂一、山谷佑介)

 休憩を挟み、ライブ後半の【Act2】は白地にピンクとブルーのアクセントの入った衣装に着替えた平井が井上陽水のカバー「リバーサイドホテル」で開始。ウッドベースの印象的なラインのみというミニマムな演奏でメロディの際立つパフォーマンスを見せた。

 また、『Ken's Bar』恒例となった観客からのリクエストに応える「リクエストコーナー」では平井が会場中央に設けられた小さなステージに移動。そこからカラーボールを観客席に向かって投げ、それをキャッチした観客のリクエストを聞く。茨城から訪れたという観客のリクエストは「Sweet Pillow」。2001年にリリースしたアルバム『gaining through losing』の収録曲で、アコギの演奏とともに届けた。

 さらに、より遠くの席まで飛ばそうとバズーカを用いてカラーボールを発射。静岡から訪れたという観客がボールを受け取った。リクエストの「瞳をとじて」をピアノ伴奏とともにしっとりと歌い上げた。

 「KISS OF LIFE」では、平井のアカペラから始まり、ウッドベース、打楽器、ピアノ、アコギと音像を重ねていき躍動感あふれるステージを展開。続く「Love Love Love」では観客の手拍子とともに情熱的な演奏で大きな盛り上がりを見せた。アコギの力強いストロークで「ノンフィクション」を歌唱し本編を終了。

 平井は「20年前、50人くらいの箱から始めて今ではこんなに大きなところで続けられるというのは歌手冥利に尽きます。長く歌わせていただいておりますが、もうダメだと思ったり、まだいけると思ったり、倒れては起き上がりの繰り返しです。でも、せっかく小さい頃からの夢だった歌手になれたので、ステージに立つからには伸びしろがあると信じ、もっと進化した“平井堅”をみなさんに見せられるよう頑張っていきます」と20年を振り返り、これからの活動に意欲を見せた。

 アンコールでは、黒いロングコートを羽織った平井が会場中央に設置されたグランドピアノの弾き語りで「half of me」を披露。クリスマスイブの夜をロマンティックに彩りステージを締めくくった。

記事タグ