北島三郎とX JAPANのYOSHIKIの2ショットが話題を広げている。ガッシリと握手し、笑顔を見せる2人に「この様なツーショット本当に感動です」などと感激の声が挙がった。

 YOSHIKIと北島はともに、昨年12月31日放送の第69回NHK紅白歌合戦に出場。YOSHIKIはHYDEやサラ・ブライトマンとコレボレーションし、白組で出場した直後に紅組でも登場する離れ業を披露している。

 一方、北島は特別企画枠で5年ぶりに紅白に出場し、「まつり」を歌唱。そのリハーサルで「平成最後の恩返しの気持ちがあった」とオファーを受けた心境を語っていたが、豪華なステージで圧巻のパフォーンマンスを見せている。

 2日に自身のインスタグラムを更新したYOSHIKI。「#紅白 のバックステージ で #北島三郎 さんに写真を撮ろうと言われた! 嬉しかった」と切り出し、北島から写真撮影を頼まれたことを喜んだ。

 そして、「頚椎の手術をしたとおっしゃっていました。自分も手術の経験者です。少しでもお力になれればと思いました」とも続けて一枚の画像をアップ。右手でガッシリと握手し、笑顔を見せた2ショットを公開した。

 この2ショットの反響は大きく、YOSHIKIのインスタグラムには続々とファンからの書き込みが見られる。

 ファンは「とっても素敵なツーショット」「華やかですねー!」「2人ともめっちゃかっこいい」「まさにレジェンド!」「歴史的2ショット」などと反響の声を挙げた。

 さらに、「この様なツーショット本当に感動です」「分野は違えど、歌は一つ いい画像です」「音楽のジャンルは違っても頂点を極めたお二人が泣けちゃう』とのコメントも。

 音楽のジャンルや世代は大きく異なるYOSHIKIと北島だが、音楽にかける情熱は同じ。平成最後の紅白の舞台裏で実現した固い握手に、ファンは感激しているようだ。

記事タグ