世界的ダンサーの菅原小春が、シンガーソングライターの米津玄師らとの記念ショットを公開。12月31日に放送された『第69回NHK紅白歌合戦』で共演した2人に、ファンから反響の声が相次いでいる。

 大晦日に放送された紅白歌合戦。米津は故郷・徳島の美術館で今年最大のヒット曲「Lemon」を歌唱。途中から菅原が米津の前方でアグレッシブなダンスを披露し、厳粛な雰囲気のなかで確かな世界観を描きだした。

 1日に自身のインスタグラムを更新した菅原。「本年もよろしくお願いします! 仲間に! 家族に! みなさまに」とのコメントを付けて、4枚の画像をアップ。生中継された徳島の大塚美術館で撮影されたもののようだ。

菅原小春が公開した米津玄師らとのショット(Instagramより@kokokoharu)

 そこに登場しているのが米津だ。相好を崩した菅原がしがみつかれ、米津は屈託のない笑顔を見せている。その右隣には、数々の有名アーティストの振付を手がけるダンサー・辻本知彦の姿があり、米津は辻本の肩を力強く抱いている。

 さらに、2枚目には菅原と米津の笑顔の2ショット、3枚目は着ぐるみに包まれた菅井と辻本、そして最後は辻本が真顔でカメラに収まった画像になっている。

 このショットにファンから大きな反響が挙がり、菅原のインスタグラムの投稿欄には「紅白ダンス、凄かった!」などと称賛の声が寄せられた。

 さらに、「絶対に米津さんも心強かったはずです」「何ですかその神写真は!」「米津玄師さん目当てで紅白見たら、小春ちゃんが! めっちゃ鳥肌たちました」「最高にカッコ良かったです!!」「感動して震えました」などのコメントが続々と投稿された。

 大反響を巻き起こしている紅白における米津の生歌歌唱。菅原とのサプライズ共演もまた、多くの人をひきつけてやまないようだ。

記事タグ