X JAPANのYOSHIKIが12月31日放送の『第69回NHK紅白歌合戦』に登場。白組・紅組の両方に同時出場する異例のパフォーマンスをみせ、ネット上で「凄いステージだ」などと反響を呼んでいる。

 YOSHIKIは白組として17番目に「YOSHIKI feat. HYDE」として登場。HYDEの歌唱に合わせてバンド演奏し、楽曲「Red Swan」を披露。当初は白色の衣装を着ていたが途中で裸に。ギタリストのSUGIZOも参加する豪華なステージを実現した。

 さらに、続く紅組として18番目にも登場したYOSHIKIは、世界的なシンガーのサラ・ブライトマンと共演。赤色の衣装に着替えたYOSHIKIは透明のグランドピアノの前に座る。「YOSHIKI feat. サラ・ブライトマン」として楽曲「Miracle」をピアノ演奏した。

 この白組と紅組の両方で出場することは紅白の長い歴史でも初めての試み。12月30日のリハーサルで、「まさか自分と対決することになるとは」などと語っていたYOSHIKIだが、それぞれの歌唱を引き立てる圧巻の演奏だった。

 このYOSHIKIが成し遂げた快挙は、ネット上でも驚きと称賛の渦を巻き起こしている。

 ツイッターには「紅も白も超越するYOSHIKIさん」「紅白は紅とか白とかではなくYOSHIKIくんが優勝!」「紅も白もやるのか!!! もう昇天しそう」などと驚きの声が相次いだ。

 さらに、「YOSHIKIさんもhydeさんもサラ・ブライトマンもすごかった」「永久保存版決定!」「凄いステージだ」「もっと見たかった~あっという間だった~」と、2組のパフォーマンスに圧巻のコメントが続々と投稿された。

 また、2曲目の演奏を終えたYOSHIKIは、顔を横に傾けながら笑顔のピースサインを視聴者に向けて送った。

 これにも「ピースかわいすぎ」「YOSHIKIが可愛い」「ピースが尊すぎたわ…」「神々しくもかわいらしくて」と、YOSHIKIの見せた無邪気な姿に歓喜するファンも見られている。

記事タグ