【第69回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】「集牧宣言」して活動再開させた、いきものがかりが2年ぶりに紅白ステージに戻ってきた。歌ったのは「じょいふる」。

 ステージには、牛の着ぐるみをきた3人の姿。程なくして、印象的なギターフレーズが鳴り出し、奈落からボーカルの吉岡聖恵がリフトアップされて登場。更に、水野良樹と山下穂尊も加わると、吉岡は「お久しぶりです! 立っちゃいましょうか?」と観客にスタンティングを求める。

 そこからはハイテンションで進んでいく。メンバーの母校である、厚木高等学校・海老名高等学校の現役高校生が参加のもと、全国から届けられたダンス動画を背景に熱唱。客席はタオルを振り回し、広瀬すずも櫻井翔も振り回す。

 ダンス動画には、内村光良が扮したコントのキャラクター「ミル姉さん」も登場。大盛り上がりのなか歌い終えた吉岡は「どうもありがとうございました!」と清々しい笑顔。久しぶりの3人でのステージに「華やかなステージで嬉しく思います」と語った。

記事タグ