【第69回NHK紅白歌合戦、31日、NHKホール】King & Princeは「シンデレラガール」を披露した。

 デビュー1年目で紅白初出場を射止めたキンプリ。平野紫耀はこの1年を「充実した1年」と振り返った。しかし、そのステージには休養中の岩橋玄樹の姿はない。

 平野は「玄樹の分の想いを乗せて」と意気込み、パフォーマンスをスタートさせると、岩橋のポジションは空いた状態。そこにはを空けた状態でスタート。あるじのないスペースには岩橋のカラーのスポットライトがさしていた。

 その後は、岩橋の分までとばかりに5人でみせていく。優しいメロディーと優しい歌声で、会場を華やかにさせた。

 岩橋のポジションを空けてのパフォーマンスはこれまでも、他の音楽番組や紅白のリハーサルでもみせてきたが、それだけ岩橋と一緒に立っているとの想いが強いことをうかがわせた。

記事タグ