【第69回NHK紅白歌合戦、30日、リハーサル2日目、NHKホール】一昨年は、(演出で)ゴジラと戦い、昨年は首のけがからドラム復帰を果たしたYOSHIKIは今年、異例の白組・紅組の両方に出場し、ステージを見せる。

 この日、囲み取材に応じたYOSHIKI。平成元年にXとしてデビュー。X JAPANとしては1997年の紅白で解散、2015年から昨年まで3年連続で出場している。「色んな事にチャレンジした」という紅白は今回、白組としてはHYDEとSUGIZOと共演する。「良く考えるL'Arc〜en〜CielとLUNA SEAというバンドが同じステージに立つことはあまりなかった。感慨深く思う」と述べた。

 「ゴジラよりも僕の方が強敵かも」というYOSHIKI。どちらが勝つか、という問いには「それは言えないでしょう…」と悩みつつも「紅(くれない)に染まっちゃいますか?」と機転を利かせた回答で報道陣から感心の声が挙がった。

 平成最後の紅白。改めて「物凄い良い1ページを、感動を与えられるものにしたい」と意気込んだ。

 YOSHIKIは、白組にYOSHIKI feat. HYDEで出場。SUGIZOをギタリストに迎え「Red Swan」を。紅組ではサラ・ブライトマンと「Miracle」を披露する。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)