【第69回NHK紅白歌合戦、30日、リハーサル2日目、NHKホール】ゆずは「うたエール」を披露する。昨年は大トリとして「栄光の架橋」を熱唱した北川悠仁・岩沢厚治2人への今年の演奏に、注目が集まるだろう。

 ゆずは、今年7月に発生した西日本豪雨の最中、ツアーのため広島の地にいた。そして「歌で支援をする」ということを決め、配信シングル「うたエール(弾き語りバージョン)」を急遽リリースし、収益を寄付した。

 同曲を、紅白では弾き語りバージョンで披露する。

 ゆずの原点となるスタイルで歌われる「うたエール」を、白の衣装で揃えた2人はリハーサルで熱唱した。曲間、マイクから離れたオフマイク状態での歌唱でNHKホール中に情熱的なハーモニーを響かせ、2人のポテンシャルを、これ以上ない生々しさで聴かせた。

 北川直筆の歌詞テロップが流れることや、<ありがとう 平成最後の大晦日>と、紅白バージョンの歌詞で一部を歌うなど、今年の紅白、平成最後の紅白一度きりというプレミア感も満載だ。【平吉賢治】

記事タグ