【第69回NHK紅白歌合戦、NHKホール】あいみょんは、8月発売の5thシングル「マリーゴールド」を披露する。29日には音合わせリハーサルに臨んだ。

 2016年11月30日にシングル「生きていたんだよな」でメジャーデビュー。デビューから約2年というスピードで、紅白初出場となった。初ということで緊張感の漂うリハになるかと思いきや、そんな気負いは一切感じられないステージ。楽曲の情景を鮮明に映し出す表現力はリハでも十二分に感じさせ、本番に期待が高まった。

紅白リハ初日のあいみょん

 まずは相棒のHistory製のアコースティックギターのサウンドチェックでは、元気なギターサウンドを奏で、実際に2018年8月にリリースされた5thシングル「マリーゴールド」を歌唱しての全体チェックへ。モニターバランスなどスタッフと話を交わしながらリハはスムーズに進行。

 リハ後の囲み取材では、歌手を目指していた祖母から感謝されたことを明かしたあいみょん。「まさか自分が出るなんて思わなかった」と驚きもあったという彼女が本番ではどのようなパフォーマンスを見せてくれるのか。【村上順一】

記事タグ