『第60回 輝く!日本レコード大賞』最終結果発表の模様が30日、TBS系で放送され、グランプリにあたる大賞に、乃木坂46の「シンクロニシティ」が輝いた。乃木坂46にとっては昨年に次いで2度目の受賞となる。

 乃木坂46の名前が読み上げられると、白石麻衣と西野七瀬らが抱き合い喜び。感極まるメンバー。白石は涙ながらに大賞盾を受け取ると、声を震わせながら「本当に有難うございます。まさか大賞を獲れるとは皆も思っていなかったので感謝の気持ちでいっぱいです。本当に有難うございます」と感謝の言葉を伝えた。

 桜井玲香は「昨年頂いた事が誇りになりましたし、それがきっかけで今年は本当に素晴らしい1年を過ごさせて頂けましたし、また今年も頂けたことで更にできるように頑張りたいと思います」と涙をにじませ最後は笑顔を見せた。

 年内をもって卒業する西野七瀬は「今年一番うれしいです。本当に有難うございます」とゆっくりとした口調とともに、笑顔に努め、喜びを噛みしめた。その後、メンバーのすすり泣く声がマイクに入るなかで、大賞曲「シンクロニシティ」を堂々と披露した。

 大賞候補となる優秀作品賞には、欅坂46「アンビバレント」、三山ひろし「いごっそ魂」、TWICE「Wake Me Up」、SEKAI NO OWARI「サザンカ」、氷川きよし「勝負の花道」、AKB48「Teacher Teacher」、三浦大知「Be Myself」、西野カナ「Bedtime Story」、DA PUMP「U.S.A.」、そして乃木坂46「シンクロニシティ」が受賞していた。

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)