声優で歌手の山崎エリイが12月23日、東京・渋谷AiiA 2.5 Theater Tokyoで、ワンマンライブ『SPECIAL LIVE ~夜明けのシンデレラ~』を開催。11月21日に発売した、2ndアルバム『夜明けのシンデレラ』の世界観をコンセプトに昼の部と夜の部の2部制でおこない、ファンに一足早いクリスマスプレゼントを届けた。声優や歌手として幅広く活動している山崎は「悔しいこともたくさんありますがそれも好きだからこそ味わえる気持ち」とこれまでの苦労もポジティブに捉える。ステージでのそんな彼女の元気なパフォーマンスがファンを魅了した。昼の部の模様を以下にレポートする。【取材=松尾模糊】

昼の部限定「Zi-Gu-Za-Gu Emotions」

 会場が暗転し、ステージ上に紺色の衣装を着た山崎が現れた。「今日は楽しんで行きましょう!」と呼びかけ「a little little thing」で公演をスタート。そのままギターサウンドが印象的なロックナンバー「星の数だけじゃたりない」を披露。山崎はステージの端から端まで移動しながら歌唱し、序盤から会場のボルテージを上げる。

 MCでは「今日は来てくれてありがとうございます。朝から緊張して初めて胃が痛くて目が覚めました(笑)。アルバム『夜明けのシンデレラ』のタイトルを、そのまま今回の(ライブ)タイトルに持ってきています。リアルとファンタジーの境目のような、ふわっと、鋭い世界観を見せていきたいと思います」とライブのコンセプトについて触れた。

 そして、昼の部限定で選曲された「Zi-Gu-Za-Gu Emotions」をパフォーマンス。サビでは観客もペンライトを振り盛り上がった。続けて、ビートの効いたエモーショナルな「My Twilight」を披露。会場の熱気を上げていく。

 ライブ中盤からは、山崎が白い羽が付いた衣装に着替え、趣きを変えてステージを展開。「Flowery Dance」では、前半の可愛らしい表情を一変させクールなパフォーマンスを見せた。

山崎エリイ

山崎エリイ

悔しいことも好きだからこそ味わえる

 クラシカルな雰囲気の「cakes in the box」、アッパーチューン「十代交響曲」での情熱的なパフォーマンスなど様々な表情を次々と繰り出し観客を飽きさせない。

 ステージを振り返り、山崎は「先程のステージはエリイじゃなくて、ワリイの出番ってスタッフの方にも言われています(笑)。ダークな楽曲や激しいものを続けたのですがいかがでしたか」と言い、観客は大きな歓声と拍手で応えた。

 山崎は「次は王子を探しに行かなくてはいけないので、皆さんの近くに行ってもいいですか?」と呼びかけ、「Dreamy Princess」では観客席に降りて歌唱。観客とのより近い距離でのライブを盛り上げ、「シンデレラの朝」で本編を終了。

 アンコールでは、黒と赤いチェック柄のドレス姿で登場。ピアノサウンドから始まる10分近い大作「ラズベリー・パーク」を披露。ゆっくりとステージを移動しながら歌唱し、ステージ中央に設置されたベンチに座るなど曲の持つ世界観をステージングでも表現。

 山崎は「今年は21歳になり、色んなことに挑戦して喜びと反省の繰り返しでした。悔しくて泣きながら帰宅すると、家族からは『弱すぎるんじゃないか、この仕事には向いていないんじゃない?』と言われることもありました」とエピソードを明かし、「でも、この仕事は私が好きで選んだ仕事です。好きなことを仕事にすると、悔しいこともたくさんありますがそれも好きだからこそ味わえる気持ちなんじゃないかと思います。これからも頑張っていきますので、応援して頂けると嬉しいです」と今後の活躍を約束した。

 最後は、クリスマスプレゼントと言い、初披露となる、来年1月から放送されるTVアニメ『デート・ア・ライブIII』のエンディング曲「Last Promise」、そして「全部キミのせいだ」を歌唱。観客席に降りて、かごに入ったカラーボールを投げながらクリスマスらしい楽しい雰囲気でステージを締めくくった。

山崎エリイ

山崎エリイ

セットリスト

昼の部

01.a little little thing
02.星の数だけじゃたりない
03.Steady
04.未完成のキャンバス
05.Zi-Gu-Za-Gu Emotions
06.My Twilight
07.Starlight
08.Flowery Dance
09.cakes in the box
10.十代交響曲
11.星屑のシャンデリア
12.Vivid my world
13.Dreamy Princess
14.シンデレラの朝

Encore

15.ラズベリー・パーク
16.Last Promise
17.全部キミのせいだ

記事タグ