吉本坂46がシングル「泣かせてくれよ」でデビューする。同作には、哀愁が漂う表題曲を始め、ユニット曲の「君の唇を離さない」(RED)、「抱いてみるかい?」(ビター&スイート)、「やっとここまで」(POP MONSTER)、そして村上ショージのソロ曲「バーボンソーダ」が収録、バラエティに富んだ作品だ。乃木坂46、欅坂46に続く第三の坂道シリーズとし産声を上げた同グループは、吉本興業の所属タレントで構成される。芸人を本業としながらもなぜアイドルの道に進んだのか、そして吉本坂46はどのようなアイドルグループなのか。選抜メンバーのなかでも音楽に造詣が深い、大地洋輔(ダイノジ)とエハラマサヒロに話を聞いた。【取材・撮影=木村陽仁】

<INDEX>
○アイドルへの憧れ、ネタで昇華
○オーディション秘話
○なってみて改めて感じた「アイドルの凄さ」
○芸人がアイドルをやる意図
(約7500文字)

記事タグ

関連記事は下にスクロールすると見られます。