THE ALFEEが24日、日本武道館でおこなわれたコンサートで、ギネス世界記録の認定を受けた。記録名は「同一国際スポーツ大会のテレビ放送における同一アーティストによる最多テーマソング数」。

 2018年1月に放送された関西テレビ『大阪国際女子マラソン』のイメージソング「勇気凛々」を最後に、1987年から31年間(32年の間、1995年は阪神・淡路大震災のため中止)担当した関西テレビ「大阪国際女子マラソン」のイメージソングを卒業。

 この31年間、31曲のイメージソングを「同一国際スポーツ大会のテレビ放送における同一アーティストによる最多テーマソング数」としてギネス世界記録に申請し、この日のコンサートステージ上で、ギネス世界記録公式認定員より認定を発表され、公式認定証を授与された。

撮影=上飯坂一/TM&(C)TOHO CO., LTD.

撮影=上飯坂一

撮影=上飯坂一

 ギネス世界記録に認定され、坂崎は「いや、びっくりしましたね。長生きするものですね」、桜井は「THE ALFEEとしては初めてだよね、皆さんの応援があって取れたので喜ばしい事です」、高見沢「非常に厳しい審査をスタッフが総動員し全員で努力し獲得したものです。良い思い出となりました」とコメント、喜びを表した。

 そのTHE ALFEEは来年デビュー45年を迎える。日本武道館での総公演本数は1983年の初公演から、今回の『THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee Final 2018 冬ノ巻 Chateau of The Alfee III』12月23日・24日の公演で94本を達成。

 武道館での公演本数94本、コンサート通算本数2717本(2018年12月24日現在)は日本のグループとしては最多記録を更新した。

 『THE ALFEE 45th Anniversary Best Hit Alfee Final 2018 冬ノ巻 Chateau of The Alfee III』は、12月29日・大阪城ホールまで続く。

撮影=上飯坂一

撮影=上飯坂一

撮影=上飯坂一

撮影=上飯坂一

記事タグ