"海外に通用するガールズグループ" を合言葉に活動を展開するFAKYが12月20日、恵比寿LIQUIDROOMにてワンマンライブ『FAKY LIVE 2018 "fo(u)r"』おこなわれた。本公演は、かねてより志していた女優業に専念するため、グループを卒業するリーダー「Anna」のラストライブ。 “4”と “〜ために”というWミーニングで、『fo(u)r』と題された本公演は4つのセクションに分けられ、各セクションごとに、テーマが設けられたコンセプチュアルなライブとなった。

コンセプトを4つに分けて展開

FAKY

 会場に入ると、まず目に飛び込んでくるのは、巨大なLEDに三方を囲まれたステージ。この日のためだけに特別に設計されたもので、白い額縁が投影されている。冒頭、Akinaの声と共に「for (u)」というタイポグラフィが流れ、セクション1のコンセプトである “応援してくれ会場に集まったファンへ感謝の気持ち” が、語られる。
そのまま、ライブの定番曲「Better Without You」がスタート。曲中でAnnaが「What's Up, Liquidroom!!」とシャウトするとファンも大きな声をあげて応酬。そして「Pretty」「Candy」と立て続けにダンス曲を披露し、歌とダンスで会場を一気に盛り上げていく。

 セクション2のコンセプトは「for the team」。

 これまでの活動でコラボレーションをしてきた仲間たちが一堂に会した。先陣を切ったのは「BACK-ON」。 Lil' Fangと『Wimp』を披露。セクション1で繰り広げられたダンス一色の会場が、一気にロック色溢れるステージへと変化する。そのままの勢いで「CRAZY BOY」の「Japanicano」を披露。続いて、昨今のリバイバル・ムーヴメントに先駆けて、この夏に話題をさらった『90S REVIVAL』企画から、自身はDA PUMPの『FEELIN’ GOOD-IT’S PARADISE-』を、その後、「加治ひとみ」と「FEMM」がhitomiの『CANDY GIRL』を、「Yup'in」が相川七瀬の『恋心』を演奏し、Annaの卒業を彩る。最後は「lol」の女子メンバーも加わり、全員で『今夜はブギー・バック』をパフォーマンス、一夜限りの特別な演出に会場は大盛り上がりを見せた。

 続くセクション3のコンセプトは「for the haters」。

 このセクションでは、現在放送中のテレビ朝日ドラマ「あなたには渡さない」のオープニングテーマでもある新曲「Last Petal」を初披露。巨大LEDには、世界的に高い評価を受けるクリエイター集団「BRDG」から「kana」がリアルタイムに映像を繰り出し、楽曲の世界観をより際立たせる。
これまた日本を代表するレーザー・アーティストである「YAMACHANG」によるレーザーが、ステージを飛び出し、会場全体を演出。天井に描かれる軌跡が、オーディエンスに深い同一感を与えていく。最後は、映像も照明も全てが一体となって、会場全体を真っ赤な世界と真っ青に染め上げた世界で、行き詰まった自分たちの気持ちを歌う「Surrender」で、このパートを締めくくった。

私たちも止まってはいられないので...

FAKY

 本編最後となったセクション4のコンセプトは「for Anna」。

 デビュー前から一番Annaと時間を共にしたLil' FangがAnnaに対する深い感謝を伝えて、スタート。各々がソロ・パフォーマンスを披露した。MikakoとAkinaは、LEDの映像と連動したダンス・パフォーマンスを見せると、Lil’ Fangは、クリスティーナ・アギレラの名曲をカバー。高い歌唱力に会場は息を飲む。Lil’ Fangの呼び込みで、このセクションの主役であるAnnaがステージに登場すると、さらに特別ゲストとして、なんとAnnaの母親が登場。ファンからも大きな歓声が上がる。Annaが、「アニーのオーディションを受けた時、母に歌を習っていて、歌手として最後の日は、その母と一緒にステージに立ちたい」と、溢れる想いを語った。Annaの母親が弾くピアノにあわせて、スティーヴィー・ワンダーの名曲「Don’t You Worry ‘Bout A Thing」を披露し、会場は温かい拍手に包まれる。

 最後は、「この曲は今回のライブのテーマソングで、4人の絆を歌った曲です。聞いてください」とAnnaが紹介し「four」を歌唱。途中、感極まったLil' Fangだったが、歌唱後には「AnnaのいるFAKYはこれで最後かもしれないけど、それぞれの未来に向かって進んでいきます。有難うございました」と今日集まったファンにお礼を述べ、本編は終了となった。

 アンコールは「for FAKY Mania (FAKYのファンの呼び名)」というコンセプトで行われ、「The One」や「P.O.V.」「Get Up」といった初期の楽曲を披露。その後のMCでは、各メンバーが初めて自分の口からAnnaの卒業への気持ちを語り、Mikakoは「初めは怒りと悔しさでいっぱいでした」と本音を話つつも「私にも目指す場所があるので、これからは違う道だけどAnnaと一緒に夢を叶えていきたい」と、集まったファンに想いを伝えた。

 Annaは「発表した時は怒られると思ったけど、私とFAKY両方応援するよと温かく行っていただき嬉しかったです。お客さんが2、3人の時もあったけど、今日はたくさんの方が集まってくれました。本当に有難うございました」と感謝を述べた。

 ここで終わるかと思ったが、Lil' FangがAnnaと目を合わせ、「私たちも止まってはいられないので、ここで発表があります」と切り出すと、新メンバーが加入することが、突如発表される。会場には戸惑いとともに、驚きと喜びが広がっていく。さらに、新メンバーの「Taki」と「Hina」がステージに現れると、Annaが二人を紹介。「今日までのAnna」と「今日からの新メンバー」を交え、その夜限りの唯一の接点となるこのショーで、最初で最後の6人の「Candy」を披露。会場は、悲しみよりも、むしろ、未曾有の多幸感で包まれていく。

 最後は、4人で「SUGA SWEET」をパフォーマンスし、Annaが最後に「私にFAKYという宝物をくださって本当に有難うございました」と伝えステージを後にし、ラストライブは終了。ライブ終了後、FAKYのオフィシャルHPには、新生FAKYのビジュアルが公開。来年春には5人で新しい楽曲を発表し、夏にはアルバム発売とワンマンライブ開催が予定されている。

FAKY

<オフィシャルHP全文>
いつもFAKYを応援していただきありがとうございます。12月20日開催『FAKY LIVE 2018 "fo(u)r"』におけるAnnaの卒業とともに、新メンバーとして「Taki (タキ)」と「Hina (ヒナ)」の2人を迎え、FAKYはこれまでのメンバーであるLil' Fang、Mikako、Akinaにこの2人を加えた5人組グループとして活動してまいります。なお、来年春には5人で新しい楽曲を発表し、夏にはアルバム発売とワンマンライブ開催を予定しております。今後ともFAKYへの変わらぬ応援を何卒よろしくお願い致します。

記事タグ