本田剛文が語るBOYS AND MENの今、個々の活躍がグループの力に
INTERVIEW

本田剛文が語るBOYS AND MENの今、個々の活躍がグループの力に


記者:長澤智典

撮影:

掲載:18年12月21日

読了時間:約11分

紅白歌合戦に「ボイメンが出ないの?それおかしくない??」と言われるところまで進まないことには

――このベスト盤に収録した、もう一つの新曲「男気・夢・音頭」は、1月14日に名古屋ドームでおこなうワンマンライブの場で、ファンの人たちと一緒に熱狂の祭り風景を作っていく絵の浮かぶ楽曲だと感じました。

 そのライブのタイトルが「ボイメン名古屋夢まつり」であるように、「男気・夢・音頭」をこの日のテーマソングとは言ってはいないですが、そういう感覚を僕ら自身は持っていますし、名古屋ドームを視野に入れて制作した楽曲だとも思っています。

 「男気・夢・音頭」は振付動画も公開しています。ぜひ、この動画を観て覚えていただき、ライブに来て欲しいなと思います。この曲に関しては、振付のバリエーションもあえて抑え気味にし、誰でもすぐに覚えて楽しめる「BOYS AND MEN史上一番踊りやすい振り」にしています。ナゴヤドームへ3万5千人の人たちを詰め込み、みんなで一緒にこの曲を踊れたらなと思っているのですが、一つ心配もありまして…。

――何を心配しているのでしょうか?

 そのレクチャー動画が再生数3万5千回数を超えていたなかったら…という。もしそうなったら、僕らのPRが届いてないということにも繋がりますからね、そこはみなさん、ぜひ観てください!!

――今年のボイメンは絶好調でしたから、そこは問題ないでしょ?

 いやいや、まだまだです。「今年のBOYS AND MENの活動は凄かったよね」と一般の方々に言われるまで浸透していたかと問われたら、僕らとしては正直まだまだだと思っています。出来れば2019年はそういう年にしたうえで、一年後の今頃に「今年はBOYS AND MENの年でしたね」と言えるようにという目標を持っています。そのうえで、一つの基準になるのが「NHK紅白歌合戦」への出場かなと思っていて。

――「紅白歌合戦」かあ。

 「紅白歌合戦」への出場は、ナゴヤドームへの進出と同じように、ボイメンがずっと目標として掲げ続けていることの一つ。紅白は、その年を代表する歌手の方々が出られる場ですから、世間のみなさんに「今年の紅白にボイメンが出るのは当たり前だよね」や、「なんで今年の紅白にボイメンが出ないの? それおかしくない??」と言われるところまで進まないことには…。そうなってこそ、ようやく「BOYS AND MENここにあり」と言えるのかなと思います。

――ということは、今年の活動自体、メンバーとしてはまだまだ納得のレベルまでは到達してないということですか?

 今年は、個々の活動が忙しくなっていたこともあって、ボイメン全体としての活動が少なかったのは事実としてあります。逆の面で言えば、メンバーそれぞれの個性や、それぞれの得意分野として持っている面が評価を受け、それぞれの得意分野でのオファーが増えだしたという点では、メンバー一人一人夢へ向かって着実に前進しています。

 ボイメンのコンセプトは、「名古屋に芸能の場」を作ること。東京や大阪に舞台を移すのではなく、名古屋に住みながら、この名古屋で芸能活動をしていく環境を作り出すことを目標にしています。そのためにも、僕らは名古屋という芸能ブランドをもっともっと上げてかなきゃいけない。今は、そのための布石を着実に打っている時期。そういう意識の表れとして出てきたのが、ボイメンとしてのオファーはもちろん、個々としての活動の活性化だと僕らは前向きに受け止めています。

BOYS AND MEN「ボイメン・ザ・ベスト」

この記事の写真

記事タグ

コメントを書く(ユーザー登録不要)

関連する記事