中野サンプラザでおこなわれた、12人編成バンドで最新アルバム『ソングライン』を全曲再現した、「くるり」の単独公演『くるりワンマンライブ 2018 at 中野サンプラザ』が、CSテレ朝チャンネル1で、12月22日午後5時から放送される。

 4年ぶりのアルバムとなった最新作『ソングライン』リリース後初となる、中野サンプラザでおこなわれた「くるり」の単独公演。テレ朝チャンネル1では、この単独公演の模様を、貴重なオリジナルインタビューも交えて届ける。

 ステージ後方の幕が開き、ステージ上にスポットライトに照らされた「songline」の巨大立体文字オブジェが現れる。そして、くるりの岸田繁(Vo.&G.)、佐藤征史(B.&Cho.)、ファンファン(Tp&Cho.)に続き、バンドメンバーは次々と登場し、総勢12名がステージに揃う。

 アルバムの1曲目『その線は水平線』からライブはスタートし、『landslide』『How Can I Do?』と続く。そう、この日のライブは、最新のアルバム『songline』と全く同じ曲順で披露された。音の重なりで楽曲はより深みを増し、観客はまた新しい『songline』の世界に酔いしれていった。『songline』の全楽曲披露後は、「これまであまりライブでやってこなかった(岸田)」という、『坩堝の電圧』(2012 年)のなかの収録曲『falling』『chili pepper japones』『taurus』などを披露。ラストはこの日の編成にふさわしい楽曲『ブレーメン』で、本編を終了した。

コメント

岸田繁 今回のライブは、始まってから終わるまでが1曲みたいな印象だと思います。ライブってその場にならないとどうなるかわからないので、時間の経過を楽しむと言うんでしょうか。 「こういうライブをやろう!」みたいなことを、真面目にやっていくと楽しくなくなって来るので、「あんまり、やる気を出さない!」ということが大事なのかなという気がしています。

ファンファン ライブのラストで、お客様皆さんが立ってくださったんです。その時、一番前にいた松葉杖をついたお客様が、一瞬躊躇して、えいっと立ってくださって。その気持ちが見えた時、すごく嬉しかったです。中野サンプラザって、そういったお客様の気持ちが見えるような場所だなと思います。そしてそうやって色んな人の気持ちが合わさってステージが出来ていくのを、私自身も楽しんでいます。

佐藤征史 ライブって、一期一会っていうか、一日一会でしょうか(笑)。是非、くるりを楽しんで頂けたらいいな、と思います。

放送概要

番組名称
くるりワンマンライブ 2018 at 中野サンプラザ
放送日時
2018 年 12 月 22 日(土)午後5:00~よる6:50

公式WEB
https://www.tv-asahi.co.jp/ch/contents/variety/0313/

記事タグ