元モーニング娘。の矢口真里が16日放送のバラエティ『お笑いワイドショー マルコポロリ!』』(関西テレビ)に出演。モーニング娘。に在籍した頃のアイドル界の上下関係について言及し、リーダーを務めていた中澤裕子のエピソードをぶっちゃけた。

 この日の放送では、相撲界のパワハラ問題などをテーマにトークを展開。矢口は「相撲界まではいかないんですけど、アイドル界も実はパワハラだらけだなって、すごい思いましたね」と自身がモー娘。に在籍した当時のアイドル事情について触れた。

 当時は「厳しい愛情だと思ってた」と話す矢口。ただ、レコーディングの時などにうまく歌えないと「歌やめろ!」「下手くそ!」などと罵声を浴びることもあったようで、「女子がビビるような感じで言ってくるんです。男の人が言う怖さみたいな…」との感覚を抱いていたようだ。

 さらに、MCを務める東野幸治は「中澤さん、厳しい?」と質問。元モー娘。リーダーの中澤裕子の名前を持ち出すと、矢口は「裕ちゃんはやっぱ、パワハラ…ですね」と切り返し、「がっつりパワハラじゃないか」と畳みかけた。

 具体的な出来事を問われると、矢口は「無言のパワハラみたいな」と説明。「車の席があって、一番前の席は中澤姉さんなんですよ」と続け、それを知らずに新人は座ってしまうことがあるという。

 すると、「(新人が)座ってたら、ドアが開いた瞬間に無言で何十秒か見つめられるっていう…」と無言のプレッシャーが与えられることもあったようだ。

 さらに、「ルールが色々ありまして」と話す矢口。“楽屋でバナナ禁止”というものがあり、それは中澤がバナナが嫌いというのが理由だった。

 そのため、「匂いとかが全部ダメなんですよ。だから私たち、廊下でバナナ食べてました。匂い消してから楽屋に入って」と当時の状況を説明すると、スタジオは大いに沸いていた。

記事タグ