モーニング娘。'18の飯窪春菜(24)が16日、東京・日本武道館でおこなわれた『モーニング娘。'18 コンサートツアー秋~GET SET,GO!~ファイナル 飯窪春菜卒業スペシャル』で卒業。涙を流し、メンバー、そしてファンに感謝の言葉を送った。終演後も止まない「春菜」コールに再び登場。「我、モーニング娘。人生一片の悔いなし」と晴れやかな表情を見せ、ステージを後にした。

モーニング娘。'18

 この日は、前半に「自由な国だから」や「Are you Happy?」など激しいEDMナンバーを届け、後半には最新のサウンドにアップデートされた初期の「LOVEマシーン」など新旧を織り交ぜたナンバーを、歌唱力、圧巻のダンスパフォーマンスで見せ、魅了した。

 中盤には、公私ともに仲が良いアンジュルムの和田彩花が花束を持って登場。「仕事仲間よりも友人。共通点や趣味は合っていないけど、認め合い、励ましあった仲です。これからも私にとって大切な存在です」とメッセージを送った。

アンジュルムの和田彩花

 本編が終了し、飯窪カラーの黄色いペンライト一色に染まる場内。春菜コールに包まれるなか、黄色い衣装に身を包んだ飯窪春菜一人が登場。

モーニング娘。'18

 マイクスタンドの前に立ち、したためてきた手紙を読み始めた。「普通では経験できない人生を色濃く彩ってくれたのはモーニング娘。があったから。正直、しんどいこともたくさんありました。加入した時点では9期生・10期生よりも年上。何も出来ない最年長でいることが何よりしんどかった」と告白。

 続けて「それでもめげずにできたのは応援してくれたみんなのおかげ。今目の前にいる飯窪春菜は皆にこの7年間で作ってくれたものだと思っています。指先から髪の1本1本まで作ってくれたもの。だからこの身は大きな財産。この感謝の気持ちを返すためには、大好きだと言ってくれる人の前に、これからもあり続けることだと思います。未来永劫大好きです。私は重い女なんですよ。凄く大好きです」とファンへの想いを語った。

飯窪春菜

 それまで笑顔で思いを語っていた飯窪。サブリーダーとしての胸中を明かすなかで「(教育係をしていた)12期生のお産婆さんと言ってくれたのは凄く嬉しい」という言葉で声を震わせた。それでも気持ちを切り替えるかのように「未来に繋がるように」とソロで「恋ING」を熱唱した。

 その後は、メンバーも合流。一人ひとりが号泣するなかで飯窪への想いを語り、抱擁。リーダーの譜久村聖からは「一番ふざけ合っている仲。でもそうふざけられているのは最初の頃にたくさん頑張ってきたから。助けられ、決めることが早い春菜がいたから今のモーニング娘。に繋がっていると思う。これから一人で活動している姿を応援していきたいし、超ビッグになってほしい」とエールを送った。

飯窪春菜

 そして「Y字路の途中」を熱唱。最後に、バックステージに消えた飯窪。11人体制で「I surrender」を届け、再び飯窪が合流。今の12人では最後となる「わがまま 気のまま 愛のジョーク」を披露。ゴールドの紙テープが舞うなかステージは幕を閉じた。

 終演を告げるアナウンスが流れても春菜コールがやまない。その声におされて再び登場した飯窪は「(ステージを終え)下に降りてきた時に『終わっちゃったな』と思ったけどまた呼んでくれてありがとう。凄く嬉しい。このの思い出は一生忘れません。本当に幸せでした」と笑顔で感謝。

 改めて「飯窪春菜。我、モーニング娘。人生一片の悔いなし」と力強く述べ「ありがとう」感謝を告げ、ステージを後にした。

飯窪春菜

記事タグ