元AKB48の篠田麻里子が、15日に卒業を発表したHKT48指原莉乃を「平成のアイドル」と称えた。

 15日、東京ドームシティホールでおこなわれたHKT48にとって初の同会場でのライブ、更にIZ*ONEに専任している宮脇咲良・矢吹奈子も駆けつけたHKT48総出演の場で指原莉乃は卒業することを発表。

 指原は「みんなが本当に大好きで、それにずっと甘えて、私もなかなか卒業発表できなくて、いつも『今日かもしれない、今日かもしれない』と思ってコンサートを進めてきました」と卒業発表の機会をうかがっていたことを告白。

 そのうえで「このコンサートをスタッフから教えられた時に、今日言いたいと思ったので、私の最後のわがままだと思って許してください」とこの日発表した経緯を明らかにし、詫びた。

 指原と言えば、スキャンダルを機にHKT48に移籍。劇場支配人を兼任し、同グループの飛躍に尽力してきた。個人としてもAKB48選抜総選挙で史上初の3連覇、そして4度目の女王の座に着くなどその功績は高い。

 初代“神7”としてAKB48を牽引し、卒業後も活躍を見守っている篠田麻里子はこの日、卒業を報告する指原のツイートをリツイートする形でコメント。「平成のアイドル」と称えた。

 また、指原莉乃の『卒業コンサート』がHKT48劇場支配人兼務となった6年目となる4月28日に横浜スタジアムで、卒業後には『指原莉乃11年ありがとう!大感謝祭』を5月28日にマリンメッセ福岡で開催することが決まった。

 指原はこの日のコンサートで「平成のギリギリまで、一生懸命アイドルとして頑張りたいなと思っている」と在籍ギリギリまで尽力したいとの思いを明かしたことに絡み、篠田は「全力で楽しんで〜。福岡行けたら行きたいな」とのコメントを添えた。

記事タグ