HKT48指原莉乃が15日、グループの単独コンサートで卒業することを発表。自身のブログを更新し、「自分のためにも、グループのためにも卒業したほうがいいという気持ちもずっとありました」などと率直な心境を寄せた。

 東京ドームシティホールで開催されたHKT48のコンサートのなかで、グループからの卒業を発表した指原。その後、自身のブログを更新し、ファンに向けて決断の背景を説明している。

 指原は「今日のHKT48のコンサートで、卒業発表をしました。突然ビックリさせてしまって、ごめんなさい」とファンに向けて切り出し、「突然思いついて発表したわけではなく、もう何年も前からずっと考えていました」と心境を綴っていく。

 ファンの応援やHKTのメンバー、さらにAKB48グループのメンバーに対し、「みんなに会うたびに、やっぱりここでずっと楽しくやっていたいという思いが強くなります」とした上で、「ただ自分のためにも、グループのためにも卒業したほうがいいという気持ちもずっとありました」とコメント。

 続けて「咲良と奈子が2年半韓国に行くタイミングで、これからのHKT48を考えた時に、この壁はきっと私がいてみんなで乗り越えるでは意味がないんだなあと感じました」と心境を率直に吐露した。

 宮脇咲良と矢吹奈子は先ごろ発足した日韓合同ガールズグループ・IZ*ONEに参加し、日本での活動を休止。グループの将来を考えるなかで、卒業を強く意識するようになったようだ。

 さらに、指原は「そして今日のコンサートの日程を伝えられた時に、その日が発表するタイミングなんだなって。ファンの方はなんとなくわかってくれると思いますが、スタッフもわかってくれたようで何も言わずに背中を押してくれました」とファンや関係者に感謝した。

 そして、「私はHKT48が大好きです」と改めてHKT48への愛情を記す。「出会ってからたくさん笑って、たくさん泣いて、たくさん怒って、いろんなことを乗り越えてきた、大好きな仲間です。大好きなメンバーと大好きなステージに立ち、卒業発表できたことをとても幸せに感じています」とした。

 卒業は4月28日に横浜スタジアムでおこなうコンサートであること、また、卒業後に「福岡の皆さんに最後の挨拶をしたいと思っています」とし、5月28日にマリンメッセ福岡で大感謝祭を開催することを伝える。

 最後に指原は「平成のギリギリまでアイドルとして粘りたいと思います。笑 短い時間ではありますが、全力で楽しみたいと思います」とメッセージを締めくくっている。

 指原は15日、東京ドームシティホールで開催されたHKT48の単独コンサートで、グループから卒業することを発表。「私の最後のわがままだと思って許してください。でも、すごく考えて、いっぱい考えて出した結果なので応援してくださると、私の背中を推していただけると、嬉しいです」などとコメントしていた。

記事タグ