ゲスの極み乙女。でindigo la Endの川谷絵音が、ミュージシャンの米津玄師やスガシカオ、3ピースバンド・WEAVERの杉本雄治と忘年会をおこなったことを報告。その記念ショットを公開すると、ファンから大きな反響が寄せられた。

 11日にindigo la Endのインスタグラムを更新した川谷。「スガシカオさん、米津、WEAVER杉くんと忘年会。いえあ」とのコメントを付け、4人がそろった記念ショットを公開した。

 画像は左からスガ、川谷、米津、杉が並ぶ。川谷は右手でピースサインを作り、米津は左を挙げて手のひらを見せている。一番右側の杉は顔だけをのぞかせ、スガは顎に指を置いた落ち着いた姿勢だ。

 この人気・実力を兼ね備えたミュージシャンたちの集合ショットに、ファンから大きな反響の声が寄せられている。

 川谷のインスタグラムには「わぁー米津さん」「ごーか!!!! WEAVERとか、ずーっと歌ってたなぁ」「シカオさんの重鎮感…」「天才の集い…」「日本の音楽界の天才が集結してる!」「才能ありあまる豪華メンバー!」などと“豪華メンツ”のそろいぶみに感激の声が続々と寄せられた。
 また、スガも自身のインスタグラムに記念ショットを公開。「今日のスガ会(おれが支払い)」と自虐的なコメントで楽しそうな様子を伝え、「ゲス川谷 WEAVER杉くん、米津くん なんなの、このメンツ 笑」と、音楽界の実力派クリエイターの集まった会合を紹介している。

記事タグ