ジャニーズJr.の6人組グループ、SixTONES(ストーンズ)が11日、千葉・幕張メッセでおこなわれた『YouTube FanFest Music』のトリで出演。11月に滝沢秀明が初プロデュースしたミュージックビデオ「JAPONICA STYLE」で話題となった、今勢いのあるグループ。その勢いそのままに、「JAPONICA STYLE」など3曲を披露しコブクロらの出演する大舞台のトリを務め上げた。【取材=松尾模糊】

タッキーの初プロデュースMVで話題

 SixTONESは、2012年に日本テレビで放送された、テレビドラマ『私立バカレア高校』出演者だった高地優吾、京本大我、田中樹、松村北斗、ジェシー、森本慎太郎の6人で2015年5月に結成。今年3月に動画配信がスタートした、公式YouTubeチャンネル『ジャニーズJr.チャンネル』でHiHi Jets、東京B少年、Snow Man、Travis Japanとともに5組が日替わりで動画を配信している。

 今年10月にYouTubeが世界各地で展開している「YouTube アーティストプロモ」の日本でのキャンペーンに抜擢された。同月29日に東京・JR品川駅構内に「ジャニーズをデジタルに放つ新世代。」のキャッチコピーとともに、SixTONESのビジュアルを使用した巨大ポスターが掲出。11月には『ジャニーズJr.チャンネル』で公開した、オリジナル曲「JAPONICA STYLE」のMVを滝沢秀明がプロデュースしたことで話題となった。

 『YouTube FanFest Music』は、YouTube上で高い人気を誇るクリエイターとミュージシャンとファンが集うオンライン動画コミュニティの祭典。11日の公演ではスカイピースやFisher's(フィッシャーズ)の人気YouTuberとともに、TWICEやコブクロらが出演。多くの観客が会場に詰めかけた。

素敵なステージに出させて頂けて光栄

 この日、大トリを務めたのはSixTONES。ステージ上のスクリーンに「JAPONICA STYLE」のMVが流れると観客の黄色い声援が会場を満たした。暗転した会場のステージに6人の影が見えると大きな歓声が上がり、「JAPONICA STYLE」でステージを開始。オリエンタルなサウンドとエレクトロミュージックの交錯した曲でキレのあるダンスパフォーマンスを繰り広げた。

 田中が「良かったら皆さん、最後まで盛り上がって下さい」と呼びかけ、「IN THE STORM」を披露。ミディアムテンポのダンスナンバーで、ジェシーと京本の伸びのある歌唱と田中のラップも印象的だ。

 そして、「Amazing!!!!!!」でステージを締めくくった。松村がバク転を見せる派手な演出を見せ身体能力の高さも窺わせた。メンバーは会場中央にせり出したステージに移動しそれぞれ得意のダンスパフォーマンスを披露。歓声が会場に響き渡った。

 ステージを終え、京本は「1年の終わりに、こんな素敵なステージに出させて頂けて本当に光栄です。来年もこの勢いでガンガン楽しんで行きたいので応援よろしくお願いします」と来年の意気込みを語った。

 この日の公演はYouTubeで世界に向けて配信された。米国人を父に持つ、ジェシーは「SixTONES、ジャニーズJr.で検索してくれたら心に突き刺さる何かが見られるのでチェックして欲しい」と世界に向けて英語でアピール。

 さらに「滝沢くんにプロデュースしてもらって、俺たちでいいの? と思っていましたが、ここで盛り下がってしまったら僕たちの責任になるので。やれることは全部やって、ジャニーズのファンはみんなSixTONESのファンにしてしまうくらいの気持ちで頑張りたいです」とこれからの活動に意欲を示した。

セットリスト

SixTONES

01.JAPONICA STYLE
02.IN THE STORM
03.Amazing!!!!!!

記事タグ