ヒグチアイと片平里菜が11月28日、東京・渋谷 WWW Xで対バンライブをおこなった。ヒグチの「好きな人」を招くツーマン自主企画シリーズ。今回は「しなやかな強さを感じる」という片平を招き、11月23日にヒグチの地元である長野でアコースティックライブをおこない、この日、バンド編成で臨んだ。【取材=木村陽仁】

 雰囲気は似ていながらも奏でる音楽は異なる。ふたりはたとえ、同じ景色を見ても、同じ感情を抱いたとしても、その表し方はきっと違う。片平がギターを使って感情を直接的に表現すれば、ヒグチはピアノで物語の情景を描いて感情を浮き上がらせる。曲に主人公がいたとしても、主観的に感情移入させる片平に対し、ヒグチはどこか俯瞰的。その歌声も、心にダイレクトに届ける片平に対して、全てを飲み込んでしまうヒグチ。個性あるふたりの音楽に惹きつけられた、そんな夜だった。

片平里菜

 明かりが落とされた場内には、重なり合う人影。雑踏の大きさが観客の多さを物語っていた。薄暗いステージに両手を挙げて登場する女性。片平里菜。笑みを浮かべて中央に立つと演奏を始める。最初に届けたのは、渋谷の路上ライブより歌ってきた「CROSS ROAD」。まさに“はじまり”を告げるかのような選曲だった。柔らかみのある歌声。それもやがて、厚みのあるバンドサウンドによって力を増していく。歌に描かれる痛みにも似た心の揺れ動きが彼女のギターを伝い響く。キリキリする音だが、それを、歌声をもって包み込む。

片平里菜(撮影:石井亜希)

片平里菜(撮影:石井亜希)

 歌い終え、大歓声を浴びる片平。ギターを脱ぎ、小さな声で「げんきですか」と挨拶。マイクスタンドに手をやると「Hey boy!」を歌い始める。甘酸っぱい恋の物語がバックサウンドに乗って会場に広がっていく。そうした恋の物語を、間髪を入れずに「BAD GIRL」へと繋げる。ファンキーなベースラインにソウルフルな歌声。無地の白いTシャツはライトによってピンクに染まる。

片平里菜(撮影:石井亜希)

片平里菜(撮影:石井亜希)

 ここでMC。「アイちゃんの好きな人で良いんでしょうか?」とおどけた表情。「渋谷では久しぶりのライブ。げんきですか? 私は一人で居るのは好きだけど、でも音楽は一人ではできなくて、こういう風に歩み寄ってくれて嬉しい。アイちゃんはデビュー前に一緒になったことがあって、かっこいいのに、話したらポワーンとしていて…(笑)今日は皆に会えて良かった。とりあえず、今日は心機一転、私なりにバーンと届けられたら」とこの日を迎えた思いを明かした。

 そして、声のトーンを落とすと「ここからはいつものスタイルに戻って弾き語りたいと思います」と語り、優しくギターをひと奏で。「結露」、そして「最高の仕打ち」。一定の符を打つドラムは生きる鼓動のようにずっしりと鳴る。終盤に向けては、片平の声だけが<くやしさを飲み込んで それでも上を向く君は>と響く。暖色のライトが重なり、心が晴れていくようだ。

片平里菜(撮影:石井亜希)

片平里菜(撮影:石井亜希)

 ドラマチックな音楽に歓声が鳴り響く。そうしたなかでドラムカウント。ポップな「大人になれなくて」に体を揺らして楽しむ観客の姿があった。

 「いけますか! 渋谷元気ですか!」。興奮が混じった声を合図に疾走するサウンド。「Party」。まさにパーティーのように手拍子が鳴る。そのなかで片平は心を躍らせるように。観客も同じだ。そのままドラムが曲と曲の間を橋渡しし、「今日はアイちゃんの誕生日。良い日にしましょう!」と語って締めくくりに「Oh JANE」。大盛り上がりのなか、片平はヒグチアイに橋渡しした。

片平里菜(撮影:石井亜希)

片平里菜(撮影:石井亜希)

▽片平里菜 セットリスト

01. CROSS ROAD
02. Hey boy!
03. BAD GIRL
04. 結露
05. 最高の仕打ち
06. 大人になれなくて
07. Party
08. Oh JANE

-Band member-
Gt.山本幹宗
Ba.tatsu
Dr.よっち

ヒグチアイ

 「しなやかな強さを感じる」と慕う“好きな人”からの熱気を受け取ったヒグチアイは、彼女独特の表現で音楽を鳴らしてく。一端、暗くなった場内にシンフォニックなBGMが響く。ファンタジーな空気感が漂うなかで登場するヒグチ。拍手を浴びながら所定の位置に着くと、ピアノを弾き始める。「ココロジェリーフィッシュ」。程なくして静かに歌い始める。ループするピアノのフレーズは空模様、あるいは浮遊感を表しているようだ。音源では淡々と静かに流れるこの楽曲だが、この日はドラムやベースによってグルーヴが生まれ、また異なった曲の表情を見せていた。ピアノとリズムの間で浮遊する歌声。脱力感がありながらもその言葉は重い。しかし、ピアノ伴奏で臨む彼女の歌声は消え入りそうになる。このコントラストが曲の物語を多角的に見せる役割を果たしている。

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

 曲を終え、拍手を浴びるヒグチはそのままピアノを弾き始める。新曲「街頭演説」。疾走するサウンドが特徴的だが、重く沈むような彼女の歌声がそこに格差を生ませる。その温度差によって生まれる反発力が引力となって会場を吸い込むようだ。

 2曲でその世界観を広げたヒグチはここでMC。「好きな人の好きな人を好きになれるんじゃないかと思って…」とこの2マンシリーズの企画意図と、片平を招いた理由を説明し、「大好きな人を大切な場所に連れていくのは恥ずかしい」と先日、地元・長野でおこなった片平とのツーマンライブを振り返った。そして、久々に会って喜ぶ母親の表情を見て「会うだけでも大事なんだなと思った」と明かし、曲名を告げた。「わたしのしあわせ」。

 前曲とは異なりヒグチの歌声には丸みを帯びた温かみがあった。しかし。<わたしのしあわせは だれにもさわれない>という歌詞が重くのしかかる。趣を変えて「かぜ薬」。ゆったりとしたテンポにブルージーな空気。なのに、音が消え歌声だけになると消え入る前の震えが訪れる。歌詞に描かれる切なさが歌声となって徘徊する。その流れを受けながら新曲「そのまま」。この曲も彼女の微細な歌声が震える。

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

 そしてMC。この日29歳の誕生日を迎えたヒグチは、思いをありのままに明かす。

 「私は色んな人になりたくて…。それは、自分にないものをたくさん持っているからそうなりたいと思う。だけど、なれない。なれないなと思いつつも、そこに向かいたい、そういう風になりたいという気持ちは止められなくて…。それで割り切ろうと思った。自分のなかにある自分を愛してあげることが一番良いと思う。そう思った昨日までの28歳でした」

 誕生日を祝福する言葉を観客から送られると、「自分の中にいる自分を愛せるようにと思って作った曲です」と紹介して「わたしはわたしのためのわたしでありたい」を披露した。明るい曲調で、ヒグチの柔らかみのある歌声に力が漲る。背中を押されるような感覚だ。

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

 この曲を起点に激しさは増していく。「永遠」「黒い影」。そして、メンバー紹介を兼ねたソロ演奏を挟む。演奏が演奏を刺激するような前衛的なセッションに心地よさが広がる。

 そして、「今の私の想い、気持ちを聴いてほしくて書いた曲です」と紹介して新曲「聞いてる」。片平とツーマンライブが出来たことに「嬉しい」との思いを語り、最後は「備忘録」。滑らかなタッチでピアノを奏で、語り掛けるように歌う。そこに乗るのはリアルだ。天空にも届きそうなヒグチの声高な歌は圧巻。感情を声だけでなく、サウンドにもぶつけていき、ヒグチアイという音楽が会場、人の心を飲み込んだ。

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

ヒグチアイ(撮影:石井亜希)

▽ヒグチアイ セットリスト

01. ココロジェリーフィッシュ
02. 街頭演説(新曲)
03. わたしのしあわせ
04. かぜ薬
05. そのまま (新曲)
06. わたしはわたしのためのわたしでありたい
07. 永遠
08. 黒い影
09. 聞いてる (新曲)
10. 備忘録

-Band member-
"絶景スリーピース"
Ba.御供信弘
Dr.伊藤大地

ヒグチアイと片平里菜(撮影:石井亜希)

ヒグチアイと片平里菜(撮影:石井亜希)

 アンコールでは片平とともにほんわかトーク。グッズも手作りだという話を挟み、ふたりで片平の「この涙を知らない」を熱唱。互いに目をやりながら、互いの音や歌声を確かめながら歌う。温かい空気が満ち溢れるなかでツーマンライブは幕を閉じた。似ているようで似ていない。似ていないようで似ている。日常の喜怒哀楽をともに描きながらもそれを、それぞれの感性と音楽で表現するふたり。そのコントラストは面白く、早くも再共演を見たい、そんなことを思う一夜だった。

記事タグ