DA PUMPが10日、都内で開かれた『LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2018」』受賞式に出席。同賞のアーティスト部門を受賞し、今年大ヒットした「U.S.A.」を披露した。

 LINE NEWSが独自の基準で選ぶ“2018年を彩る話題の人”を、「実業家・政治家」「アイドル」「文化人」「アーティスト」「アスリート」「芸人」「俳優・女優」の7部門から選出し、表彰する。

 DA PUMPはこのうちの「アーティスト部門」を受賞した。この日の受賞式では、今年大ヒットした「U.S.A.」を生パフォーマンス。

 その後、グループを代表して、受賞トロフィを授与したISSAは「『U.S.A.』という曲で色んなところに行けました。小さい子供からおじいちゃんおばあちゃんまでいろんな世代に聞いてもらったので、感謝の一年として過ごさせて頂きました。またこのような賞を頂けて感謝しかありません」と語った。

 この日のトークセッションでは、ISSAが「U.S.A.」の制作秘話も明かした。DA PUMPと言えば、ヒップホップ系やR&B系で知られるが、ユーロビート系である「U.S.A.」が来た時は驚いたという。

 「この楽曲が(事務所の社長から)来た時に、うちの事務所自体がユーロビートが強くて、やられているアーティストもいっぱいいるんですけど、自分たちとしては初めてだったので、最初は違和感というか『俺たちがこれをやるのか』というのはありました。デモ段階のレコーディング時点で、『これは本気で録ろう』という気持ちで完成形のものを作って聴いてもらったというのがありました」

 今回のヒットで、宿泊施設や出される弁当のグレードがあがったという彼ら。年末にはNHK紅白歌合戦に16年ぶりに出場する。ISSAの除くメンバーは今回が初の紅白となる。

 KIMIは「僕らがデビューして10年が経ちますが、いろんなことがあったなかで、この7人で立てるのは嬉しい」と喜んだ。

 来年に向けては、ISSAは「『U.S.A.』のおかげで大変素晴らしい1年になりました。感謝の気持ちがあります。多くの場所に行って、見てくれる方に返したい、そんな1年にしたいと思います」と述べた。

記事タグ