若月佑美が10日、都内でおこなわれた『LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2018」』受賞式に出席。4日開催の乃木坂46卒業セレモニー後では初めての公の場。現在の心境を語った。

 『NEWS AWARDS 2018』は、LINE NEWSが独自の基準で“2018年を彩る話題の人”を選出、表彰するもの。「実業家・政治家」「アイドル」「文化人」「アーティスト」「アスリート」「芸人」「俳優・女優」の7部門があり、アイドル部門では乃木坂46の齋藤飛鳥が受賞。

 若月は、文化人部門を受賞し、この日欠席した福田雄一監督の代理で出席した。

 若月は、福田氏が脚本・演出を手掛ける日本テレビ系ドラマ『今日から俺は!!』(放送中)に出演中。その福田氏はビデオメッセージを寄せ「光栄な賞を頂き有難うございます。代理といってはなんですが、プロデューサーに相談しましたら、若月しか暇な日がなかったということで代理をお願いしました」と福田氏流のユーモアを交えて経緯を説明した。

 その若月は、受賞トロフィを代理で受け取ると「福田さんは世の中でたくさん活躍されて、私にとっても今年は福田イヤー。女優としてたくさん起用して下さったのが福田さん。とても感謝していますし、良い締めくくりになった1年だと思います」と感謝の気持ちを口にすると、5秒ほど頭を下げて、ステージを後にした。

 トークショーでは、福田監督の最初に出会った印象も明かした。「誰よりも自分の脚本で笑われる方で、本読みの時は緊張するけど、自分の脚本で誰よりも笑って、一気に場が和みます。ギャグとか言ってウケなかったらどうしようという不安を振り払ってくださる温かい方です」と称えた。

 また、『今日から俺は!!』の撮影でも「基本的にはずっと笑ってくださって、雰囲気も温かい。笑いにこだわりがあって、福田さん自身が実際にやって見せてくれます。しかもそれを超えてほしいと言ってくださって、それでやったら笑ってくれて。ただ、アクションシーンなど自分のテリトリーではないときは寝ます。忙しいのですき間を縫って寝ているんですかね?」と先ほどの返しとばかりにユーモアを交えて語った。

 「笑い」を強調した福田監督の人柄だが、同監督作品でもお気に入りは『50回目のファーストキス』。「笑いだけでなく、ラブストーリーの場所にもこだわって。実は福田さんのいろんなジャンルが出ている映画だなと観ていました」と述べた。

 そんな若月は監督作品で今後どのような作品に出たいかと聞かれ、「(ビデオメッセージで監督が)“一番暇だろうとキャスティングした”というように、イジッってくださる方。アイドルはヒロインが多いので、いじられる役やキャラクター、ぶっ飛んだ役をやれたらいいなと思います」と明かした。

 そんな若月は11月末に卒業し、今月4日に日本武道館でおこなった卒業セレモニーで全ての活動を終えた。それ以降としては初の公の場。

 トークセッションでは、アイドル部門を受賞した乃木坂46齋藤飛鳥と目を合わせて笑みをこぼす場面もあったが、卒業の実感を聞かれ「最近までは感じませんでしたが、きょう感じました。現メンバーの齋藤飛鳥ちゃんと、元乃木坂4の私が一緒にいて、しかも楽屋も別。一人で頑張っていかないと感じました」と身を引き締めた。

 改めて若月は「卒業して初めての公の場が、代理人という不思議なポジション。それが自分らしいな、と。いつかは自分の名前でこの賞をもらえるように、そんな女優になりたい」と意気込んだ。

若月佑美

若月佑美

若月佑美

若月佑美

若月佑美

若月佑美

若月佑美

若月佑美

この記事の写真

記事タグ