乃木坂46齋藤飛鳥が、“話題の人”を表彰する『LINE NEWS Presents 「NEWS AWARDS 2018」』のアイドル部門を受賞。10日、都内でおこなわれた受賞席に出席した。この日は先日、乃木坂46を卒業した若月佑美も出席。互いに目を見合わせ笑みをこぼすなど、再会を楽しんでいるようだった。

 同賞は、LINE NEWSが独自の基準で“2018年を彩る話題の人”を選出、表彰する。「実業家・政治家」「アイドル」「文化人」「アーティスト」「アスリート」「芸人」「俳優・女優」の7部門があり、齋藤はこのうちアイドル部門を受賞した。

 齋藤飛鳥は受賞トロフィを手に「今の時代、アイドルがたくさんいて、わたしはそのなかのひとり。見つけて頂けて嬉しい」と受賞の喜びを語った。

 この日は、先日乃木坂46を卒業した若月佑美が、「文化人」を受賞した福田雄一監督の代理で出席。若月は卒業以来、公の場に出るのは初めてで、受賞後のトークセッションの転換の合間、齋藤は若月と目を合わせ微笑むなど、“旧交”を温めているようだった。

 トークセッションでは、アイドル活動だけでなく役者業での活躍が目覚ましい齋藤だが、MCを務めたクリス・ペプラーから、初出演にしてヒロインを務めた『あの頃、君を追いかけた』について聞かれると「お芝居の経験がないので、スタッフさんに私で良いですかと聞きに走り回った記憶があります。台湾で人気なのでプレッシャーもあったけど、得るものもありました」と語った。

 乃木坂46ではエースとして活躍していると紹介されると、「いえいえ」と謙遜する仕草を見せた。アイドルと女優の違いを聞かれ「どちらも私は中途半端な感じになっているので、色々とごまかしごまかしやっていて…」と控えめ。それでもペプラーに褒めらると「申し訳ない気持ち。たいそうななことはやっていないけど、日々感謝してやっています」と語った。

 今年夏に20歳を迎えた齋藤は気持ちの差はなかったと言うが「『10代』は周りが気を遣う一つの要因。それがなくなって、ちゃんと大人扱いして下さるのは嬉しい。アイドルは気を使われる職業なのでそういうのがなくなって良かった」と述べた。

 そんな齋藤は普段、静かに過ごしているタイプだといい「20代はアクティブに、仕事もプライベートも充実させたい」と明かした。

 また、今年はこの日出席した若月をはじめ、多くが卒業した乃木坂46について「今年は乃木坂46が若月をはじめ、卒業していくメンバーが多くて、寂しさも多くて、旅立っていく背中をを見て残った私たちがもっと頑張らないと思いました。力を抜きつつも頑張りたい」と意気込んだ。

 ちなみに、この日芸人部門で受賞した野性爆弾のくっきーのトークに終始笑いっぱなし。白塗りもものまねについてキン肉マンを引き合いにしたトークなど、ドハマリの様子だった。

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

齋藤飛鳥

記事タグ