福山雅治など数々のアーティストを支える日本が誇る音楽家・井上 鑑が12月9日、25日に配信されるニューシングル「OSTINATISSIMA」のジャケ写を発表した。

 12月9日代官山のライブハウス「晴れたら空に豆まいて」にて井上 鑑ワンマンライヴがおこなわれ、自身のニューシングル「OSTINATISSIMA」の12月25日配信とジャケ写を発表した。

 70年代後半から大瀧詠一、寺尾聰、福山雅治など数々のアーティストを支えてきた日本が誇る音楽家・井上 鑑が昨年、11年ぶりにリリースしたアルバム「OSTINATO」はアーティスト・評論家・メディアからも絶大なる評価を得たマスターピース。このアルバムリリースから約1年後に発表したのが続編となる「OSTINATISSIMA(オスティナティシマ)」だ。

 “ファースト・コール・ミュージシャン”として多くのアーティストから絶大な信頼を得ている、山木秀夫(ds)、高水健司(b)、今剛(g)他、最強のメンバーが参加。ミックスはトム・ウェイツ、エルビス・コステロ、シェリル・クロウ、アークティック・モンキーズなどを手がけたチャド・ブレイクが担当。

「OSTINATISSIMA」ジャケ写

 12月25日配信シングル「OSTINATISSIMA」に収録された3曲の詳細は下記

1. 森を聴くひと - Listen To The Forest –
(盟友のレコーディングエンジニア故赤川新一に捧げた曲。雄大に広がる森をイメージした浮遊感があるオケに管楽器とストリングス、コーラスがドラマチックに編曲されたスロー・ロック・レクイエム)

2. Integrations
(変幻自在に変化するポリリズムを駆使しながらもグルーヴは心地良い、プログレッシヴ・フュージョン)

3. The Times They Are A-Changin’
(ご存知、ボブ・ディランの名曲をキーボードとチェロのみで構築。既成概念が崩壊するアレンジです) 

▽井上 鑑 Profile

1953年9月8日チェリスト井上頼豊の長男として東京に生まれる。
和光学園中学校、都立青山高校を経て、 桐朋学園大学音楽学部作曲科在学中(故・三善晃氏に師事)より、CM音楽作編曲家、キーボード奏者として活動を始め、その後、アレンジャー・プロデューサーとして多数のプロジェクトに参加。
特に故・大瀧詠一氏とは自称師弟関係を70年代ナイアガラレーベルのコロムビア在籍時から維持し「Each Time」、「NIAGARA SONG BOOK I・II」「幸せな結末」等多数にプレーヤー、アレンジャーとして参加。
2000年前後より福山雅治氏の作品作りに加わり、演奏、編曲、ツアーのキャプテンとして多数のプロジェクトに全面的に参加。2014年には初の海外公演を成功に導く一端となる。
1981年 single「GRAVITATIONS」(ヨコハマタイヤASPEC TV-CM)、album「予言者の夢」で、ソロ・アーティスト・デビュー。以降、先鋭的なサウンドと現代詩ともいえる歌詞を駆使して13枚のアルバムを発表。
ロンドンとの2拠点化が1985年頃から進む。David Rhodes(Peter Gabriel Band)、Simon Phillips、Jon Kelly(Kate Bush)、Tchad Blake等との交友からは多数の作品が生まれている。
舞踏、映像など音楽以外の創作活動への参加も数多く、編集的なセンスの鋭さで信頼関係を得、長期にわたってコラボレーションを続けているアーティストもジャンルを越えて多数。
1996年より国立音楽大学音楽デザイン科にて新しい音楽語法のレクチュアを担当。
2006年Tchad Blakeのミックスによるアルバム[Criteria]発表。ADLIB AWARD受賞。
2006年より音楽インスタレーションプロジェクト[SOUNDINGS]を表参道ヒルズ、NAdiffにて開催。
2010年春、音楽と言葉のウェブサイト「千律譜・BASHO」を松岡正剛氏とのコラボレーションの一端として開設。
2011年8月、初の単行本、鑑式音楽アレンジ論「僕の音、僕の庭」(筑摩書房)発売。
2013年、「連歌・鳥の歌」プロジェクト プロデュース
2017年、11年振りとなるオリジナルアルバム「OSTINATO」発売
2018年、「OSTINATO」の続編シングル「OSTINATISSIMA」発売
完全ソロ形式によるコンサートシリーズ「僕の音」を2010-12年の3年間を1クールとして銀座ヤマハホールにて開催。ピアノを主軸としたアコースティックな響きと赤川新一による新しい音響アイデアとの融合、藤本晴美の幻想的な照明とともに物語性の高い音楽庭園を具現。その延長線上にあるリサイタル的な活動が期待される。
伝説的バンド「パラシュート」を始め、信頼しあうミュージシャン達とのユニット的活動も意欲的に継続している。「井山大今」「HARISSA」「RHM」「Green-Ball-Session」「Seven」「DSD Trio」 など。

記事タグ