RYUCHELL(りゅうちぇる)が8日、都内で、自身初のクリスマスイベント『RYUCHELL CHRISTMAS PARTY W/CHELCHELS』を開催。妻でモデルのぺこがサプライズ登場した。出産後、RYUCHELLとぺこが揃ってイベントに登場するのは初めて。ぺこは「これからもRYUCHELLの事を宜しくお願いします」と語った。

 RYUCHELL名義で歌手デビューしたりゅちぇるうが、今年を締めくくるクリスマスイベント。ファンで埋め尽くされた場内で、ケンモチヒデフミ氏とタッグを組んだデビュー曲「Hands up!! If you’re Awesome」や、リンクくんとぺこに捧げる「Link」、未発表の新曲などを歌い上げた。80年代、90年代のサンスサウンドをベースにした楽曲を、4人のバックダンサーとともに披露。

 更に、特注だというサンタの衣装も披露したRYUCHELL。ワム!の「Last Christmas」をワンコーラス歌い上げると、サンタ衣装が着替えたバックダンサー、KAHO、BENA、AYAKA、YUKIEとともに、「Jingle Bell Rock」をBGMに、映画『ミーン・ガールズ』を彷彿とさせるダンスパフォーマンスを見せた。

パフォーマンスするRYUCHELL

 「こんなに集まってくれて嬉しい。来てもらって良かったと思ってもらえるような素敵なパーティーにしようね」と挨拶したRYUCHELLはこの日、シークレットゲストとして、ぺこを呼び込んだ。

 昨年、RYUCHELLに買ってもらったというクリスマスに合わせた古着を着て登場したぺこは「この場に立てて嬉しい」と挨拶。久々のステージに割れんばかりの歓声。泣き出すファンもいた。

 ふたりが同じステージに立つのは産後では初めてだが、MCを挟まないでトークをおこなうのもあまりないといい、照れるふたりだったが、RYUCHELLはは「産休していたので、こうして一緒に立てるのは超嬉しい」と喜んだ。

 この日は、リンクくんの近況も報告。寝返りを打つようになるなど健やかに成長しているというリンクくん。顔はRYUCHELL、性格はぺこ似だといい「感情が豊かで、とっても元気に育ってくれています」と笑顔。クリスマスは3人で旅行に行くという。

 トークでは、ファンからの質問にも応じたふたり。よくケンカするようだが、謝るのはきまってRYUCHELLの方で「事柄に関しては譲れなくても。嫌な思いをさせたことに謝っている」とその理由を語った。そのほか、今朝の食事はぺこが作ったベーコンとハムなど、家庭の様子などを明かした。

 久しぶりのイベントとなったぺこだが、トークもあと5分を残したところで「もう話すことがない!」と言うと、RYUCHELLに「仕事の感覚を忘れている」とツッコミ。「『ミン・ガールズ』が好きだったからあの4人のなかに入りたかった」と意欲も見せたぺこだが、仕事への復帰は今のところ未定だという。

 トークも終盤、改めて「RYUCHELLのためにこんなに来てくださって、素敵な光景が見られて本当に嬉しい」と感謝したぺこ。RYUCHELLも「これからもママとして、ぺこりんとして、僕もパパとしてRYUCHELLとして、ふたりの姿を見せていけたら。これからも応援をお願いします」と挨拶。

 RYUCHELLは改めて自身の生い立ちを振り返りながら「運命を切り開いて自分の人生を楽しんでほしい。ハッピーにはバックグランドがあって、それを伝えられたら皆も変わっていけるんじゃないか、そういう思いでアーティスト活動を始めました」と熱意を込めて語った。

記事タグ