「ここにある光」に込めたもの、そして尾崎豊さんへの想い

――そうした過程を経てリリースされる「ここにある光」について聞かせてください。これはいつ頃書いた曲でしょうか?

 実は、「紫空」よりも早かったんです。だけど繋がっているなと思います。上京してすぐに書いた曲なので。今年の2月には出来ていたかな? 東京の“バリアを張っている感じ”とか、そういうのが寂しかったのかは分からないですけど、自分のなかで変わっていくことが凄く怖くなって、大切にしたいものだけはなくさないようにしたいと思って、この曲に残しました。

――変化していくなかで、原点を振り返られる曲という解釈もできそうですね。まさにご自身にとっての、リスナーにとっての「光」というか。曲の原型は2月にできて、そこからブラシュアップしていったということですか?

 これはトオミヨウさん作曲、高橋久美子さん(ex. チャットモンチー)が作詞で関わって下さったんですけど、もともとトオミヨウさんにコード進行を作ってもらい一緒に作って、そこに私が歌詞とメロディを乗せたという感じです。それを高橋久美子さんが、ドラマの主題歌になるということで、良い感じにブラッシュアップしてくれて。

――今回、カップリングに収録されているのは尾崎豊さんの「Forget-me not」カバーです。尾崎豊さんの曲は好きだったんですか?

 中学生から聴いています。これは自分で発掘しました。TVで一瞬、たまたま流れて。尾崎豊さんは名前だけは知っていたんですけど、そのときは尾崎豊さんとは分からずに聴いて「なんだこの人は…めっちゃ好き」と思って。そのときは引きこもっていたときだったので、自分の感情を代弁してくれていると思って。それで自分でYouTubeとかで調べるようになって。中古CD屋さんとかで買って聴いたりしていました。

――その曲を今回、カップリングに収録したのは、ずっと尾崎豊さんの曲が歌いたかったから?

 はい。ずっと歌ってきた曲だったので。そこから全部尾崎豊さんの曲を聴いて育ってきたので。

――尾崎豊さんの曲で「Forget-me-not」を選んだ理由は?

 何でだろう…全部好きなんですけどね。この曲はライブや路上で歌っていたので。この歌詞の切なさだったり温かさだったり、私が聴いて心で感じられるものが詰まっていて、自分も曲作りでそういうところを大事にしていきたいと思うから、カップリング曲ではそういう曲を選びたかったんです。自分を大事にしていきたいという思いが詰まっているから好きです。

――音源を聴く限りですが、番匠谷さんの歌い方が2パターンあって、綺麗に歌うパターンと、尾崎豊さんのように感情を浮き出して歌うパターンがあると思いました。先ほども感情むき出しで曲にした、という話はありましたが…。

 私、けっこう感情剥き出しで歌っちゃうんです。全力で歌っちゃうんです(笑)。でも音源になって聴いたときに、「この曲はもっと聴き心地が良いように歌った方が、歌詞は伝わるかもしれない」と感じて、今回の曲以外でも、感情を剥き出しにして歌うよりも、ちょっと引き算をして歌った方が伝わる曲なのかもしれないと思ったので、今回のシングルに関しては引き算を意識して歌いました。自分にとって新たな挑戦です。

――出来上がったものを改めて聴いてどうでしたか?

 自分でも「初めて聴く声だな」と思いました。自分で聴き心地の良い声を研究したので、スッと入ってもらえたらなと思います。

――そして、スティーブン・フォスターが作曲した「Beautiful Dreamer」を選んだ理由は?

 これは「dynabook」のWebCMに出演させて頂いたときの曲で、そのCMのときに課題曲として頂いたんですけど、もう死ぬほど練習したので(笑)。自分の心情とも重なるので、今のタイミングでいいなと思って。

――この曲に挑戦したことによって新しい発見はありましたか?

 私はハモりが苦手で。これを聴いて頂ければわかると思うんですけど、メチャメチャハモってるんですよ。色んな多重録音を初めてして苦戦したんです。

――今後はどういったことをしていきたいですか?

 今回は明るい曲がなかったので、聴いていてスカッとする曲をやったりとか、そういう曲を書いていきたいと思うのと、活動としては同世代の方、女性の方とかも、もっと聴いてもらいたいと思っていて、老若男女の人に聴いてもらえるようになりたいと思います。

――1月4日にイベントがありますね。

 この日は自分の誕生日ライブなのでパーティーみたいにしたくて。バンドセットでやる予定なんですけど、私のライブは盛り上がるという感じではないんですけど、この日だけは盛大に盛り上がりたいなと思います。イベントとかも考えていて。内容はまだちょっと言えないんですけど。参加型にしたくて。みんなが友達になれるライブにしたいです。

番匠谷紗衣

(おわり)

記事タグ