パフォーマーの強み

「OVER DRIVE」CDのみ

――まずリーダーの世界さん、佐藤大樹さんにお聞きしたいのですが、FANTASTICSはどんな強みを持ったグループなのでしょうか?

佐藤大樹 普段から誰かを笑わせたり、喜ばせるのが好きなメンバーの集まりなんです。ダンストラックも普通に踊るだけではなく、一番は観ている人を楽しませるというテーマを大事にしていて。最初はパフォーマーだけのグループとして出発し、そのときからコミカルなことも取り入れていましたが、それはボーカルが加わった今でも変わらず意識しています。ダンスの構成でいうと、一人ひとりが主役になれるようなパートを作ってみたり。ボーカリストの2人に関しても、少しまでは素人だったので、逆に何の垢もついていない真っ白なキャンバスで。これから何色にも染まれる可能性を持っているフレッシュな2人なので、そことパフォーマーが上手く被さったときに、すごい化学反応が起こるんじゃないかな、と思っています。

世界 ダンス面を言うと、みんな高いスキルを持っているグループだと思います。難しい振りを作りがちなんですけど、難なくこなせるようになりたいですし、それがバランスよく見えるグループだなと思うので。振りを作っていても楽しいですし、立ち位置が入れかわり立ちかわりになったりするのも、FANTASTICSらしいなと思います。これから楽曲を出していくときに、いろいろな可能性があるのはすごく強みだと思います。

――パフォーマーの皆さんは、それぞれどんなダンスが得意なんでしょうか。

木村慧人 僕はヒップホップですね。ずっとパワーを出して、結構アグレッシブに動いているので、そこが特徴なのかなと思っています。

佐藤大樹 慧人はチームの中では最年少なので、とても勢いを出してくれています。

――慧人さんが一番元気なキャラクター?

佐藤大樹 元気でいうと、黎弥かな。

瀬口黎弥 そうですね(笑)。

世界 大樹、慧人、黎弥は元気系ですね。

――黎弥さんのダンスは、どういう強みがありますか?

瀬口黎弥 内から出る気持ちを、観ているお客さんの体に直接伝えたいと思っています。その時に出るパワーやパッション、バイブスなど、すべて観ているお客さんに感じてもらい、一緒に楽しんでもらえるダンスをする、と意識して踊っていますね。

佐藤大樹 黎弥の場合はジャンルが“瀬口黎弥”、みたいな感じだよね。

――FANTASTICSには“なつき”さんが2人いらっしゃるんですよね?

澤本夏輝 はい。“ほりなつ(堀夏喜)”と“さわなつ(澤本夏輝)”です。

――同じグループで名前が一緒の人がいるのは、めずらしいのでは?

堀夏喜 そうですね。しかも“なつき”という珍しい名前で。僕は人生で“なつき”という名前の男の人に会ったのは、夏輝くんが初めてだったんです。

澤本夏輝 本当に? 実は僕もです。

世界 2人は先に述べた3人とは対照的にクール、もしくはスタイリッシュで大人っぽいです。2人同時に踊るルーティーンなどをやると、しっくりくるんです。

堀夏喜 体型とかも似ているし、好きなものや観ているものとかも一緒だったりするので。

――ちなみに好きなものというと?

堀夏喜 新しいもの、綺麗なものが好きなんです。あとは最新の流行のものは動画などを観て、勉強しています。

記事タグ